スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグニフィセント・セブン

★★★★

1.悪い奴が非道を行う
2.凄腕を雇う
3.二手に分かれて凄腕を集める
4.7人の選りすぐりの凄腕が街を解放する
5.街の人と協力して罠を仕掛け、敵の本隊と対決する

いかにこのプロットが強固か、つくづく実感した。中だるみする箇所がない、ずっとテンションぶん上がりなんだから。
荒野の七人が生まれたのも分かるよ。だってこのプロット見たら、色んなジャンルで試したくなるって。
本作も問答無用に面白かった。主人公が黒人だったり、メンバーにインディアンやメキシコ人がいたりは今風な感じ。でもこういう集団は無国籍な感じの方が“寄せ集めの凄腕”感があってずっと良い。
悪役も良かったなぁ。黒コートでゆっくりと教会を歩くところとか、もうメッチャクチャ様になってる。
味方で一番好きなのはもちろん死の天使。臆病者のロートルがラストバトルで活躍するのって、分かってても燃える!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。