FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チラ裏話

深見真という作家が好きじゃない。
嫌いと言わないのは、思想に問題があったり文章が下手だったりはしないからである。
この世からなくなれと思うほどではないのだ。
ただ、どれほど人気で評価が高かろうとも、やはり自分は好きになれないのだ。

実のところ名前それ自体は結構前から知っていた。
いまはなき富士見ミステリー文庫でブロークンフィストという、『カンフーの達人がカンフーの絶技で不可能犯罪しました』というミステリー的に完全にアウトなネタで、珍本扱いされている作者として。
既に武侠マニアになってた俺は、この作品を気には止めていた。
読むことはなかったけれど、別に条件として提示されているならカンフーだろうが魔法だろうが、ミステリーのネタにすればいいじゃないかというスタンスだったからだ。
しかしこの後の作品はヒドかった。

カンフーハッスル。
少林サッカーで有名になったチャウ・シンチーの武侠映画である。原題は功夫で、チャウ・シンチーらしいギャグの中に骨太な武侠ストーリーと、細かい武侠小説ネタが仕込まれた名作である。
で、これの小説版を深見真が書いているのだが……これがヒドい。
あまりに間違いが多すぎる。少林寺独孤九剣など、金庸の小説を読んでいれば間違える筈のないネタが飛び出してくるのだ。
つまるところこの人は武侠小説を読んでいないのだ。カンフー小説を書いていたのも映画の影響だったのだろう。(映画マニアっぽいので)
いや別にカンフー小説を書くなら武侠小説は必読!とは言わない。
無知は罪ではない。しかしノベライズという仕事を受けながら、碌に調べもしないというのは職務の怠慢ではないのか?
これ以降、彼の名前を意識することはなくなり10年以上が経過する。

それは単なるTwitterでのやりとりだった。
虚淵玄がハイランダーが戦ったりなんなりする文を投稿していた。それは三題話のようなことをライター同士でする遊びのようだったが、その企画者が深見真だった。
カンフーハッスルの恨みは消えないまでも、彼がヤングガン・カルバナルなどアクションものの小説を書いていることは知っていたので、まあ虚淵と趣味が合ったのだろうなぁと想像された。
しかし話はそこで終わらず、彼はサイコパスでアニメ脚本家デビューし、さらには劇場版でメインライターに近い活躍をしていた。
前者に関してはともかく、後者に関してははっきり言って非常につまんなかった。
サイコパスもサイコパス2もシビュラシステムという管理社会の中で善と悪という曖昧な境界についての物語になっており、そこが最高にSFしていたわけだけれど、劇場版サイコパスはその根幹であるシビュラシステムの設定が全く生かされていない。
単なる民衆を支配するためのシステムで、敵も単純な独裁者という、筋肉系ハリウッド映画のような内容。
サイコパスもサイコパス2も面白くて、期待して観ただけに正直これはショックだった。

以降アニメ脚本家や漫画原作者などで度々名前を目にするようになる。
アニメ脚本はどれも原作ありなのでそれほど問題はないが、漫画原作については相変わらず筋肉系ハリウッド映画の主演を女体化しただけのようなストーリーが多く、単調で面白くない。
あとどの漫画にもレズキャラがいて、これに関しては非常に不快だった。
これは同性愛が不快なのではない。レズキャラが女に平然とセクハラして、サービスギャグシーンとして成立させていることが不快なのだ。

ただ業界では売れっ子のようだし、人気もあるようなので、本当に個人的な好みの差なのかもしれない。
だから俺はこう言う。
好きではないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。