FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キックアス

★★★☆
現実にマスクのヒーローがいたとしたら?
その答えの一つはWATCHMENであり、本作はWATCHMENに対するジョージ・ミラー流の答えなのだろう
WATCHMENが冷戦下のアメリカという巨大な政治的物語なのに対して、キック・アスはヒーローに憧れる少年という個人の物語になっている。
なんの力もない彼がSNSの力でヒーローになるも、本当の犯罪組織や本当の復讐者に出遭ってしまい、憧れのヒーローを諦めるけど、最後の最後に本当のヒーローとなる。
物語にヒット・ガールとキック・アスの二つの軸があり、キック・アスが最後まで本当になんの力もない少年で、そんな無力な少年のままヒーローになるのが良かった。
ジョージ・ミラーは当たり外れが激しいけれど、たまにこういう快作をぶっ放すから侮れない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。