スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バットマンVSスーパーマン


★★★

ザック・スナイダーという監督は経歴を見れば分かる通りアメコミマニアであるのだけれど(ウォッチメン、300シリーズ)、そこにさらにジャスティスリーグシリーズに繋げたいという会社の思惑が絡まって、随分と歪な作りになってしまった印象がある。

ジャスティスリーグメンバー周りは特にその影響が大きくて、顔出しだけするアクアマンとサイボーグ、いる意味が全然ないワンダーウーマン、時間移動して現れるけど劇中では全く意味が分からないフラッシュとか。

あと別シリーズのネタを突っ込むために夢のシーンが多くてとにかく冷める。
示唆的な意味を込めた夢のシーンを入れるのはせいぜい一回ぐらいが許容出来る範囲で、それ以上繰り返すと観客は物語から醒めてしまう。
しかも上述のフラッシュ登場シーンまで夢にしてしまって、もう設定までおかしくなってる始末。
(フラッシュは光速を超えて時間移動まで出来る存在だけど、夢の中に入り込むことはさすがに出来ないわけで)

それと誰もが分かっているけれどVSとついてても別にバットマンとスーパーマンがガチバトルするわけではない。
スーパーマンが戦うのは人質を取られたからだし、そのあとさらに強大な敵が現れるので協力して戦うわけだけれど、まあ東映マンガ祭りとか仮面ライダーみたいな陳腐な脚本である。
(ちなみに本作の原作(の一つ)であるダークナイトリターンズはちゃんと決着がついている)

脚本家の會川昇さんはこれを非常に東映っぽいと評したけど、見た感じ確かに東映というか、ほぼ毎年の大戦シリーズのノリ。
・タイトルをVSにして煽る
・実際は騙されてただけで、ガチバトルしない
・あとで巨悪が現れて協力して戦う
・ファンサービスでシナリオには絡まないけど全員集合したりする
俺は大戦シリーズのこういう緩くてぬるい脚本が嫌いなので、翻ってこのBvsSの評価も低い。
アヴェンジャーズの成功を目指して作られたシリアスな本作が結果的に日本の子ども向け作品に似たシナリオになっており、一方でジョークの飛び交うゆるいノリのアヴェンジャーズの新作シビル・ウォーが本作よりもシリアスな物語なのは皮肉というべきだろうか。
(シビル・ウォーは公開前だけど、第三勢力が出る様子もないし、原作を鑑みるとアイアンマンVSキャプテンアメリカの決着はつくので、本作のようなグダグダにはなるまい)

さすがにスーパーマンが太陽の光を浴びて復活するシーンを、仮面ライダーブラックRXと結びつけるのは牽強付会というべきだと思うけど、しかしスーパーマンの力の源が太陽であるということが劇中で説明されていないので、ご都合主義的に見える箇所でもある。
(アメコミに造詣の深い會川氏が勘違いした筈もなく、つまり上述の展開と繋げるとなんでも東映っぽく置き換えれると言ってるだけだろうけれども)


あとまあ、二人が戦う動機がとにかく弱いよな。
スーパーマンが躍起になってバットマンを追い詰める理由が本当に分からない。
とくにバットカーをぶっ壊すところとか意味不明すぎる。スピード違反の取り締まりか? そっちの街中でガトリングガンをぶっ放してる方はセーフなのか?
バットマンも最初のほうは分かるんだけど、自爆テロとか夢のせいで最初の動機がどっかいってしまっているし(「アイツは神じゃない」とか言い出す。いや、“強大な力を持つ者はその行いが正義であろうとも危険である”ってのが動機じゃなかったのか?)、そもそも自分の母親の名前を呟いただけで許してしまってて、なんだそりゃ感がすごい。



良いところも挙げておこう。

まずアクションがいままでで一番良かった。
ザック・スナイダーのアクションってCGバリバリのゲームムービーみたいで、はっきり言って目が疲れて眠たくなるという難点がある。(特に300の続編がヒドくて、劇場でガチで眠った)
今回のバットマンとスーパーマンが戦うシーンは動きに静と動のメリハリがあったこと、クリプトナイトの煙幕で力を失ったり、徐々に回復した力で反撃されたりと、ドラゴンボールみたいなドカバキバトルじゃなかったのはグッド。

カーチェイスシーンも激突!のようなパニック映画めいたしつこさと無敵さが爽快だった。


……褒めるところ少ないな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。