スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016冬アニメ


・無彩限のファントムワールド
★★★★
異能学園の異能バトル部活ものという、非常に典型的なラノベ設定。
ちょっと京アニっぽくないかと思ったけど、さすがに絵のクオリティやギャグのテンポは良い。
系譜としては中二病(部活要素)⇒境界(伝奇要素)⇒ファントムワールドといた感じだろうか。
京アニはさすがに手堅い。


・アクティブレイド
★★★☆
レイバーがパワードスーツに置き換わったパトレイバー、というネットの評におおむね納得。個人的にはむしろ戦隊ヒーローという印象を受けたが。
主人公が警察官で、反目しあうバディと新人指揮官がいて、パワードスーツに変身して敵と戦う――と、ほぼデカレンジャー。
二人がわりと熱いタイプなので、より戦隊ものっぽい。
ド直球に真っ当なストーリーで、日曜朝の9時に放送しても違和感なさそう。
一方で亜沙ねえデザインなので女の子がすごく可愛いのもグッド。


・ラクエンロジック
★★★
力を失って普通の生活をしていた主人公が、力を取り戻して強敵を倒す――というのは少年漫画の一話というか、ラノベの冒頭みたいな感じ。
ドストレートな内容なんだけど、変に捻ったりハーレム感がないので、嫌味なく楽しめる。
動画工房なので絵的なクオリティも問題なし。
冒頭のカードゲームパートが謎ではあるが……。ブシロードのCMかと思った。いやブシロードのカードゲームだけど。
(スタッフ紹介を兼ねてるのはセンス良いと思うけど)


・PSO2 アニメーション
★★★
主人公が学園のマドンナ的な生徒会長の依頼でPSO2をするというストーリーがちょっと頭をひねったけど、PSOパートは高難度にいきなり挑戦⇒勝利という少年漫画の一話みたいなノリでなかなか入りやすかった。
生徒会長がネットでは哲章ボイスで喋る全身アーマーというギャップも面白い。
最近のアニメの一話にしては登場人物が少な目で、かえってそれがメインキャラの掘り下げに繋がってて良かった。
一見クソアニメ臭がするが、なかなかどうして良作である。
しかしこれも朝か、あるいは夕方6時にやってそうなノリのアニメだ。


・だがしかし
★★★☆
アニメではパロディネタが追加されていたけど、原作がハイテンションギャグ漫画なので違和感は全然ない。
駄菓子を土台にした可愛いキャラ+ハイテンションギャグという原作の魅力を、製作側はよく理解している。
次回予告のミニキャラも可愛かった。
あとエロい。


・おしえてギャル子ちゃん
★★☆
ナレーションが能登さんで、どんどん卑猥なセリフを言わせるところにアニメの業を感じる。
本編は決して悪くはないんだけど、普通な印象。
原作が一ページ完結なのでアニメにするとどうしても淡白というか、テンポがやや遅く見えるというか。単に媒体の差だろうけど。
惜しい。


・石膏ボーイズ
★★☆
「汝は竜、罪ありき!」(cv.杉田)
イケボの石膏がアイドル活動という、おそ松さんをさらに尖らせたような作品。
石膏の自己紹介のシーンは面白かったけど、出オチすぎてこの後がかなり不安。
しかしこの時間帯アイドル枠なのかしらん。


・ディメンションW
★★★★
男がストリートな感じのダンスしたりキレッキレのバトルをしたりする超絶OP。やっぱり梅津泰臣だった。この人はブレないな。
本編はまず映像が良い。画が良いのはもちろんだけど、コイルの光の鮮烈さに対して、マブチさん家の自然なカラーが自然な対比になっててグッド。サイバーパンクな薄暗い街並みも素晴らしい。
ロボ子が回収屋になって終わりというのもキリが良い。すごく丁寧で綺麗な一話。
……しかし改めてアニメで見ると、Gロボ感のある一話だ。
「コイル。それは完全無公害、完全リサイクルの夢のエネルギー」「無限のエネルギー! それはもう、幻ではない」「これが私に出来る、唯一の償いだ!」(バシュタール現象)


・ハルチカ
★★★
意外! それはミステリー!
ユーフォニアムかと思ったら氷菓だったみたいな感じ。
完全に青春ラブコメと思い込んでた。まあラブ要素というか三角関係要素はありますけどね……。
メインキャラの一人がガチゲイなのは驚いたけど、ヒロインは可愛いかった。


・最弱無敗のバハムート
★★★
今期ではほぼ唯一の典型的ラノベアニメ。
開始すぐにラッキースケベしたり、その相手がお姫様だったり、ISみたいな鎧で戦ったり、ホライズンみたいに会話の頭にイエスって言うキャラがいたり、実は強い主人公とか、典型的どころかもはやラノベのキメラのような作品。
絵のクオリティは良く、キャラは可愛い。
前期であればジェネリックラノベ乱立によって埋もれてたろうが、今期は他にラノベアニメがないため存在感が主張出来てる。
やはりこの手の作品は一クール一作ぐらいがちょうどいいな。


・おじさんとマシュマロ
★★☆
稲田さんの普通おじさん声ってどうなんだろうと思ったけど、聞いてみると部下に翻弄されるドギー・クルーガーみたいで楽しい。
当て馬キャラに定評のあるキタエリがメインヒロインというのも新鮮。


・魔法少女なんてもういいですから
★★
魔法少女ネタはもう食傷気味。
キャラ萌え、ギャグのどちらにも寄ってないどっちつかずな内容が難点。
原作を読んでると、この音速丸みたいな変なマスコットがヒドい目にあうようになっていくと話は良くなっていくのだが。
OPはすごいセンスが良い感じだった。


・霊剣山
★★
武侠じゃねえのかよ!
ジャンルは仙人ものだし、話もギャグ多め――おおよそジャンプの王道漫画ぐらいの比率。さりとて一話から盛り上がるシーンがあるわけでもなし。
というかコミカルなシーンがだいぶ浮いてる。原作にないんじゃないだろうか。
勝手に武侠を期待してたので落胆が大きい。


・灰と幻想のグリムガル
★★★
世界観としてはウィザードリィ的なガチ難易度の異世界転生もの。
といっても、異世界の自覚はないのでほぼファンタジーものとして定義していいだろう。
美麗な風景描写がファンタジー感を非常に掻き立てて良い感じ。
無双か、そうでなくとも最初からベテランのファンタジーものが多い中で、全くの素人冒険者たちが金の工面でひいひい言ってるのは新鮮。
なんだろう、フォーチュン・クエスト以来な気がする。


・この素晴らしい世界に祝福を
★★★★
若くして死んだ主人公が異世界に転生するというテンプレめいたストーリー。
作画もそれほどではなく、最近の高水準なアニメの中ではむしろ劣るといっていい。
しかし馬鹿っぽいけど卑屈さのない主人公や、とくにかく頭が悪い女神、ゲーム風のアイキャッチ、一話っから工事現場で汗水流す二人など、ギャグのテンポがすごい良い。
なんというか、生き生きとしている。
これはダークホースだ。


・蒼い空のユーフォリア
★★★
今期では珍しいギャルゲー原作。
空を飛べる靴がある以外は極めて真っ当な学園もの。
恐らくこの空を飛べる靴が部活ものスポーツものへと繋がっていくのだろう。
こちらもギャルゲー原作、普通の学園ものというのが他にない今期に存在が主張出来ている。
あとspriteらしくキャラクターは非常にかわいい。
(この会社、すっかりエロゲ屋じゃなくなったな)


・シュヴァルツェスマーケン
★★★
マブラヴスピンオフ。
人死にでは前期のファフナーがぶっちぎりだったので、やはりこれも今期で良かったなぁという感じ。
こっちはどちらかというと秘密警察の密告とかスパイとか、精神面から攻めてくる作品であるが。
アクションは地味ながら堅実。戦闘=見せ場っていうほど押しつけがましくもない。
欲を言うともっとBETAの数が多くて、動きが気持ちよかったらなぁとか。
うん、マブラヴのメインはロボよりもBETAなんだな。


・ブブキブランキ
★★★
一話を見る限り話はいまいち分からない。
ただ脚本がイシイ&北島の428コンビだし、歴史の改変みたいな話もあって、後半で一気に収束するんだろうと期待はある。
ただパンチラインもそうだったけど、今までの伏線やバラバラだった事象が後半に収束する展開ってのはアニメだと中々難しい。
これはアニメとゲームの媒体の違いが大きい。ゲームは時制がプレイヤーでコントロール出来るけど、アニメは30分垂れ流しなので、複雑な物語や多くの伏線を用いるのに向かないってこと。
シュタインズゲートのアニメが良かったのは、原作が一本道で個々のエピソードはそこから派生するので、伏線がかなりシンプルだっていうことなんだなぁ。


・大家さんは思春期
★★☆
一話を見て分かったことは大家さんが可愛いということ。
それ以外は混沌の中、ドロヘドロ――って感じだけど、5分アニメでは可愛いor笑えるが出来れば十分だろう。


・紅殻のパンドラ
★★★
原作は六道紳士×士郎正宗のコンビで、大まかな印象としてはキャラとギャグが前者、世界観とメインストーリーは後者の印象。
義体技術の発展期の近未来が舞台で、攻殻の数十年前といった感じ。
まあタイトルもそうだけど攻殻をパロってるのは確か。セルフオマージュに近いが。
つかアニメのメインキャラの声が田中敦子なので、ますますセルフパロディ感すごい。


・亜人
★★★
劇場版をTV用に再構成した作品。ブレイクブレイドとか攻殻ARISEとか、この手の作品は一定数あるな。
フルCG作品で、そのあたりはちょっと違和感。ブブキなんかと比べるとやっぱりCGっぽさが強い。
一、二話では話はあんまり進んでないけどサスペンス的なノリだし、後半に良くなっていきそうだし視聴継続。


・魔法使いプリキュア
★★★★
プリキュアはコミカルで子供向けっぽい絵柄と、少女マンガっぽい等身高めの絵柄が一年周期で変わっていく。今年は後者。
最初っから二人で変身したり、二人の力で魔法の力がアップしたり、久しぶりのコンビ推し。
メルヘンに憧れる一般人と、魔法学校の劣等生という組み合わせがグッド。
魔法使いというものの、バトルは相変わらずパンチとキックで安心。
あとEDのCGがまた進歩してた。プリンセスのときは主線がハッキリした漫画的絵柄だったのが、今回のはかなりアニメーション寄りで自然。
CGは二年ぐらいでがらっと進歩しちゃうよな。


・ジュウオウジャー
★★★★
主人公以外、異世界の亜人というのが面白い。最終回にお別れがあると思うと、いまから泣けそうな気配がする。
レッドが熱血だけど馬鹿じゃなくて、責任感やプロ意識を持った、ちゃんとした大人というのがグッド。
あと演技にはやや拙さはあるものの、熱いシーンを熱く演じるとこが素晴らしい。
ゲーム感覚で侵略する敵に対して、ピクセルロボットで戦うというゲームモチーフな点も面白い。
なぜ人間である主人公が変身できるのか、彼を助けた鳥人間とは? と、謎もちりばめれていて、本当に見事な一話。
この第一話を見るだけで、今期の特撮がアタリって分かる。


・僕だけがいない街
★★★
映像のレベルは高いんだけど、原作で一冊かけた話を一話30分に収めたせいでかなり性急な印象。
確かに現代篇は序章的な話ではあるけど、こういう過去改変ものでそこをすっ飛ばしたら駄目なんだよ。
シュタゲも序盤はややタルいんだけど、悲劇が始まるとあの日常が恋しくなって、それが問題解決のための強い動機になるわけだから。
(ひぐらしとかKey作品なんかもそんな感じ)
原作は現代篇をしっかり描いているし、特に母親を見つけるシーンはめちゃくちゃ印象的なシーンになってて、その辺さっぱりしちゃってるアニメ版は正直かなり勿体ない。
あと主人公の演技がやや拙かったのが残念。声質は良かったのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。