スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたわれるもの 偽りの仮面

★★★

長く壮大なプロローグが終わったと思ったらゲームも終わった。
あれ、終わり? これ一作で完結しないの? 本作発表と同時に3の製作が決定したのってそういうこと?

まあサブタイトルから考えて入れ替わりネタとは思ったけど、まさかそこで終わるとは。
ここからエンナカムイを率いてヤマトと戦う話になっていくんだろうなぁ。
トゥスクルの立ち位置は分からんけど、三つ巴になっていくのかも。ムネチカはトゥスクル側に行くのかな。アトゥイとルルティエは国元に戻ってそう。

アクルトゥルカの失敗作みたいなのも出てきたし、ウズールッシャが噛んでるのだろうけど、旧人類の技術を使ってるってことは別の誰かが力を貸してるんだろう。旧人類の知識を持ってるのはウィツアルネミテアとオンヴィタイカヤンを除けばクローンだけだから、ホノカが関わっているような。
でも状況を見ると怪しいのはウォシスだよな。邪魔者のライコウとムネチカを役立たずのデコポンポと一緒にトゥスクルに送って仲間割れさせたり、ブライを誘導して帝の一派を排斥したり。
ウズールッシャの暗殺者を捕えて『尋問』してたから、そこでウズールッシャと繋がりが出来てたのか。
耳が隠れてて亜人間的特徴が見えないのは人間だから? 作中で獣耳でないのは帝とハク(旧人類)、ウル・サラとホノカ(クローン)、ウォシスとオシュトル(髪で隠れてる)の七人。オシュトルはハクと入れ替わる関係で耳が隠れてるわけで。とするとウォシスはスライム化を逃れた旧人類かクローンのどっちかか。誰が、いつ、って考えるとクローンというのは考えにくい気もするな。

人類について箇条書きで纏めると。
・免疫系が低下した人類は自然環境で生存出来なくなりシェルターで生活している。
(舞台が環境を再生した地球だったか、テラフォーミングした別惑星だったかは忘れた)
・アイスマンを研究し、その身体機能を人類に応用するという「アイスマン計画」
⇒人類の身体機能を強化する仮面=アクルカを完成。
 その後、アイスマン=ウィツアルネミテアの怒りを買って人類スライム化
・それとは別に人間の肉体を改造して環境に適応する帝の研究が「真人計画」
⇒実験のため体を弄りすぎた帝とハクはスライム化を逃れる?(帝が言ってるだけなので本当かは分からない)

このどっちかの研究グループの一人ってこと?

しかしここまで完結しないとは。マブラヴのアンリミ編かよ。(こっちはもうちょっとちゃんと終わってたけど)

続編はいつ出るんだろう。アニメが9月始まりの2クールだから、早くても来年の4月ぐらいかね。


……いま気づいたけど、ウルトリィだけ出番なかったな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。