FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガールズアンドパンツァー劇場版


★★★★★

主人公の学園だけでも幾つものチーム、幾人ものキャラクターがいるのに、さらに他学校の新旧キャラを登場させながら、全員に見せ場とエピソードがあるところが本当にすごい。
情報量の多さでいえばMadMaxに比肩するレベル。
中盤の転校騒動のシーンも一切中弛みがなく、むしろ個々のキャラクターのエピソードの掘り下げや成長になっている。
(グレる風紀委員や、サバイバルするうさぎさんチームとか、肉体改造するありくいさんチームとか)

後半の展開も非常に熱い。
ピンチにライバルが駆けつけてくるという熱い王道展開はやっぱりテンション上がる。
(くしくも主人公が同じく渕上舞の蒼き鋼のアルペジオ劇場版と同じ感想である)
またイタリア忘れられたかと思ったけど、登場してくれて良かった……。
余談だがガルパンでドゥーチェが一番好きかもしれん。あの外見で実は姉御肌の苦労人でしかも仲間思いっていう、あれだ、これが尊いって感情か。

戦車戦自体も相変わらず実在するとはいえとんでもない戦車が出てきたり、色々とギミックを使用したりとたいそう楽しい。あとパーシング。
(研究の速さとコストパフォーマンスの高さ、潰される駆逐戦車、RUSE、うっ頭が……)

ラストバトルの舞台を遊園地にしたけど、あれだけの戦車をどこでどう活躍するか考えるのは相当大変だったのではないだろうか。
ミニチュアを作って構想を練ったんじゃないかとすら思ってる。

とにかく2時間みっちりダレることなくずっと面白い、アニメとしてだけじゃなく映画全般として見た場合も非常に優れた作品なのでぜひいろんな人に見ていただきたい。
つか、これ、Disc買おうかな……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。