FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽園追放

★★★★

めちゃくちゃ面白かった。

もうフルCGアニメってだけで敬遠する時代じゃなくなったなと実感。
特にこの一年、アルペジオとかシドニアの騎士とかかなりレベルが上がってる。もうサイボーグ009が見劣りしてしまうぐらいなんだから、日進月歩の技術だわ。
ただまあ、のびしろのある技術だけに作ってる最中でもレベルアップしてるのか、後半のほうがキャラの表情が活き活きしてたりとちょっと差が出てるのが、難点といえば難点か。

一方で昔から相性が良くて導入の早かったロボットのCGについてだけど、これはもう完璧。
CGのアクションでよくある失敗が『動かしすぎ』ってものがあって、これはハリウッド映画なんかにとりわけ多い。トランスフォーマーとかごちゃごちゃしててなにやってるか分からんみたいなやつ。人間の目の分解能と脳の処理速度を無視してるからそうなる。
今作はそれがちゃんと抑制されてた。アニメのアクションと遜色なし。
つかね、ガンダムOOの水島監督に、エウレカセブンの京田演出に、マクロスの板野スーパーバイザーで、どうしてロボットアクションがダメになるだろうか? いやならない。
個人的にアーハンのブースターがトラパーっぽくて好き。
あとニューアーハンかっこいい。
球形というコンセプトをそのままによくここまでスタイリッシュにしたなぁと思ったけど、これだけは海老川が参加してたのね。さすがとしか言えないわぁ。

イベントでも歌を推してたけど、確かにシナリオにがっちり組み込まれてた。
あと舞台挨拶で監督が言ってたように、二番以降の歌詞が良い。
「奪い合い傷つけあう愚かな日々にはかえらない」ってところがすごい好き。

シナリオはサイバーパンクって話だったけど、むしろFallout。外壁がなくなったビルとか、間違いなくレイダーが住み着いてそう。
メインとなる話も、Falloutのレプリカントの話みたいだし。
どうもFalloutが好きな人は、自身の作品にあれを反映せずにおれなくなるようだ。

とにもかくにも大傑作。
虚淵シナリオが素晴らしいというだけの話ではなく、キャラクターデザインや、ロボットアクションなど、多くの面において高クオリティな、まさに劇場で公開すべきレベルのアニメ。
惜しむらくは劇場限定BDが公開二日目にして売り切れなこと。来月の発売が待ち遠しすぎる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。