FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ジャンゴ 繋がれざるもの


★★★★

クエンティン・タランティーノ監督が手がける本格マカロニウエスタン。
愛する妻を取り戻すため、賞金稼ぎとなった黒人奴隷ジャンゴの物語。

基本的にはタランティーノらしいバイオレンス映画なんだけど、今作は黒人奴隷というアメリカの恥部を大胆に描いているところが面白い。
どいつもこいつもニガーニガー言うし、白人の誰もが(異邦人であるシュルツを除く)ジャンゴのことを家畜程度にしか扱わないし、しまいにゃKKKみたいなやつらまで出てくる。

けれど「まったく白人は最低だぜ」ってことかというと、これが実はそうでもない。

物語の後編に出てくる奴隷頭の執事スティーブンは、黒人でありながら登場人物の中でもっとも黒人を侮蔑する邪悪な性格をしている。
同士であるからこそ冷酷になれるというのは歴史が証明している。戦争で敵地を占領した場合、反対勢力を根こそぎするのに現地人を使うのは極めて一般的で有効な戦略だ。密告やリンチは決して権力者による圧力によってだけ生まれるものではない。
これに関して別のシーンでジャンゴが言及している。
「黒人の奴隷商人はもっとも嫌われた存在だ」
同士でありながら同士を弾圧する人間こそ、もっとも忌むべき存在なのだ。
この作品は白人の非道な歴史を暴きながらも、支配される側の愚かしさも痛烈に描いている。

ちなみに件のスティーブンを演じてるのがサミュエル・L・ジャクソンなので、例のマザッファカッと長台詞もあります。
(意味が分からない人は町山智浩さんの特電ポッドキャスト『スネークフライト』を聴くと良い)

でもまあ、それはそれは。
基本的なストーリーラインはジャンゴの復讐もので、憎たらしい奴は大体死ぬ。つーかブッ殺す。そんな痛快アクション映画。
2時間40分という長尺ながら、合間合間に銃撃があるのであまり中だるみも感じず、最後までテンションを保ったまま楽しめるのも良かった。
もちろんおなじみタランティーノ本人も出演。役柄もいつも通り。(ヒドい目に遭う)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。