スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 冬アニメ

・キューティクル探偵因幡
★★☆
原作未読。
イケメンを揃えた女性向け作品っぽいものの、ハイテンションギャグアニメとしても成り立っている。
主人公の狼男が諏訪部順一で、ライバルのヤギが大川透で、その相棒が小杉十郎太とお渋い声がずらり並んでおり、そっち方面でも楽しめるかも。


・まおゆう
★★★☆
原作半分ほど既読。
今期のキラーコンテンツの一つ。
高いレベルの作画、綺麗にまとめられた脚本、豪華な声優陣と非の打ち所がない。
ただまあ、個人的に原作がイマイチだった感があったので☆-1。
むしろ関東の放送中に忍殺のCMが流れたことの方が印象的というか。
すっかり馴れてたけど、やっぱ金閣テンプルとかマルノウチスゴイタカイビルって変な日本語なんだな。


・八犬伝

原作未読。
現代を舞台にした伝奇もの?
「ドキッ!イケメンだらけの八犬伝」ともいえる。
某所いや坊所でも言われていたが、八犬伝は何故正当進化しないのだろう。
八犬伝はもともとの完成度が高いので、本歌取りしてもなかなか上手くいかないことが多いというのに。
そういう意味では京極夏彦版八犬伝は少しだけ期待しているけれど発刊される様子はないな……。
(もう単なる八犬伝の話だ)


・アムネジア
★★☆
原作って乙女ゲーかなにか?
記憶喪失の少女が、イケメンに囲まれながら記憶を取り戻そうとする話。

ま た イ ケ メ ン か。

実際、今期は女性向けが多い気がする。
というよりも、女性向け作品のアニメ化が増えていっているということなのだろう。
ただ乙女ゲー作品とかってわりと主人公の女の子が可愛いので、案外男でも見れたりする。


・閃乱カグラ
★★★
原作未プレイ。
今期のおっぱい枠。
作画は良好。声優陣も良い。下着が水着なのはがっかり感があるが、興醒めなコロニーレーザーや煙をあえて避けたと前向きな解釈も出来る。
あといま話題の忍者がテーマなので、上手く時流に乗れるかもしれない。
「胸に挟んだ巻物は捨てたほうが良いぞ。でなくば、谷間に仕込んだ槍の穂が、吐けぬではないか。のう、アスカ?」
「ハイクを詠め。カイシャクする」「サヨナラ!」(服が爆発四散)
「さみしいな 実際(胸が)大きい インガオホー」

こんな感じ?


・ビビットレッドオペレーション
★★★☆
アニメオリジナル作品。
絵と監督からスト魔女をイメージするけれど、科学的魔法少女と女の友情という構造はむしろなのはに近いか。
(魔法少女で戦隊ものと考えるとプリキュアに近い)
フェティッシュなカメラアングルと可愛いキャラクターはさすが高村監督といったところ。
ただしスマイルプリキュアがエロなしであれほどの萌え力(ちから)を発揮していることを考えると、インパクトの弱い一話と感じる。
今後に期待。


・生徒会の一存
★★
原作未読。前作視聴済。
前日譚というかエピソード0な話。
原作既読か前作視聴済が前提になっている一話作りってどうなんだ?
正直に言って盛り上がりにも笑いにも欠ける一話。


・幕末義賊
★★
アニメオリジナル作品。
通称江戸ルパン。あるいは幕末ルパン。
なんかもう、これだけで全部説明した感がある。
正直深夜にしなくてもって印象。ゴールデンでやればルパン的なポジでまだ人気が出そうなのに。
視聴者層と時間帯が明らかに外れてしまっている。


・問題児が異世界から~
★★★
原作未読。
なんか強い奴らが異世界に召喚されて異世界で大暴れという、最近はやりの俺つぇぇ系作品。
キャラデザや作画は良好。シナリオは一話ではなんともいえないけど。
ちなみに一話で一番印象に残ったのはキャスト声優の名前。
ハーフの人なんだな。まあこれで芸名とは逆に考えられないけど。


・gdgd妖精s
★★★
ネットアニメとか5分アニメは取り上げないことにしてるけど、さすがにこれは拾っておこうかなってことで。
まあぶっちゃけなにも変わってなかったけど。
いや一部スタッフが変わってもノリが同じというのは、むしろ褒めるべき点なのかもしれないが。
細かく仕込んだネタやパロディ次回予告など、ネットで見られることを意識した次世代型アニメと捉えることも出来る。捉えないことも出来る。これってアニメ?って疑問に思うこともある。


・みなみけ
★★★
原作既読。
今期のゆるギャグ四コマ枠。
三回目のアニメ化(別会社による連続放映を分けて考えるなら四回目)だが、いまいち出来が安定しないイメージがある。
今回はちゃんとしているというか、原作通り。
「ゆるしてくだされーー、もうショタ眼鏡なんて不人気キャラだしませぬからーー!」
というファー様の声が聞こえるようである。


・ささみさん@がんばらない
★★★☆
原作未読。
絵的な美しさ、キャラの可愛さはさすがシャフト。
ただストーリーは一話を見ただけではいまいち分からない。ニートな妹が現実改変能力があって、謎の三姉妹がそれを解決するって感じだろうか?
「ア――ッ、おまえは私の大好きなお兄ちゃん――!」
「引き篭もりで役立たずなわいのささみよ。はやく殺しあえ」
『無敵姉妹ジャシン3――』
つまりこんな作品。


・たまこまーけっと
★★★☆
アニメオリジナル。
京都アニメーションということで安定の作品。
キャラの可愛さは間違いなく今期トップだろう。
ストーリー的には商店街を舞台にしたゆるかわコメディといった感じ。
喋る鳥とモチでどうストーリーを転がしていくのか難しいところ。
ちなみに餅屋は30、31日はガチ大変。一日中モチ作りっぱなしで、餡子作りっぱなしで、団扇で扇ぎっぱなしだから。
(出来たモチはすぐに冷まさないと熱で形が潰れてしまう)


・琴浦さん
★★★
原作未読。
Aパートで心を読める女の子がそのせいで家庭が崩壊して友達もいなくなるという、かなりヘビーな始まり方をする萌えアニメ。
しかしBパート以降はデレっとしたラブコメの予兆。
次からは頭からラブラブコメラブしそうなので、安心して楽しめそう。


・DCⅢ
★★
原作未プレイ。
一体いくつバリエーションがあるんだよ、で有名なダカーポシリーズ。
カメラワークとかは面白いのに、いまいちキャラに魅力を感じない。
作画の問題だろうか?(とりたてて悪いというわけではないんだけど、最近の水準の中ではやや下回ってしまう)
ダカーポシリーズに思い入れがあるかないかによるかもだけど。


・俺修羅
★★★
原作未読。
「俺はこの一刀にかける修羅」略して「俺修羅」(大嘘)
クラスの美人に黒歴史ノートを盾に彼氏のフリをさせられる一方、二人で幼馴染に彼氏を作ってやるため努力するという、ところどころどっかで聞いたことある話。いやラノベのラブコメで聞いたことのないなんてないんだけど。

イラストレーター:るろおの絵は大好きなんだけど、あの淡い感じをアニメで再現することの難しさよ。氏のイラストのアニメ化はムシウタに続いて二度目だけど、どちらも成功したとは言えないような。
加えてドラマCDからのキャスト変更。ラジオで聞いてぴったりだっただけに素直に残念。トークも面白いのに。
(いまのキャストが合ってないわけではない)


・僕は友達が少ないNEXT
★★★
原作未読。前作視聴済。
二期目なので特にコメントなし。
前作を楽しめた人は普通に楽しめる。


番外
・シャーロック
★★★
海外ドラマ。
舞台を現代にしたシャーロックホームズで、登場人物も現代版にアレンジされている。
(例えば元軍人という設定のワトソンはベトナムの帰還兵になってたり)
シャーロックが強烈な奇人になっているのはある意味納得。犯罪が発生すると大喜びとか、周りから犯罪者予備軍扱いされているところとかなんだか現代らしいアレンジ。
むしろちょっと狂人なワトソンの方がイメージ的にすごい。なにせ全く殺意に躊躇がない。医者って側面より元軍人としての側面の方が濃いんだな。
舞台や犯罪を現代にした以外はかなり原作に忠実。ラスボスはもちろんあの方。
今後の流れが普通に楽しみ。



■総評
今期は全体的にゆるめの作品が多い印象。(ギャグやラブコメの増加)
気楽に見れる反面、強烈な個性や精神にずっしりとくるものがない。
あと面白さも前評判通りで、ダークホースの存在が感じない。あえて言うならまおゆうの時に流れたニンジャスレイヤーのCMが一番のダークホース。
一方で前期から続いた二クール作品は高いクオリティを維持し続けている。(ジョジョ、サイコパス、ロボノ……)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。