FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SFは衰退しました?

http://lanovelien.blog121.fc2.com/blog-entry-772.html

↑ちょっとこの記事について。

SF好きの中にはたびたびこういうSF衰退論を口にする人が多い。SF冬の時代とか。
けど実際のところSFが衰退したとはちっとも思えない。(個人の感覚ではあるけれど)
じゃあなんで衰退したっていう論調が出てくるかっていうと、つまり“自分が思うSF”が衰退したって言いたいのではないかと。

歴史好きとSF好きは偏屈が多いってのが個人的イメージなんだけど、実際むかしはガンダムはSFじゃないなんて論説もあったわけで。
上記の記事でも
“多少のSF要素、藤子F先生の提唱していたSF(少し不思議)は散見でしますが本格的なSF作品やスペースオペラ的なものというのは希少種とさえいえます。”
という一文があるけれど、これって少し不思議をSFに含まない(あるいは亜流である)と受けとれる。
いやいや少し不思議はSFでしょ。そもそも藤子F先生のSF短編シリーズもSF度に差があるわけだし一括りにゃ出来んでしょ。

まあここでの少し不思議は、日常ものにちょっぴりファンタジーが追加されたものとして定義しておく。
(多分、筆者もそういうつもりだと思う)


で、ラノベで本当にSFが鬼門かというと、そんなことは全くない。
“ところが翻ってライトノベルというジャンルに限っていうと、どうもファンタジーか日常系が主流です。”
とあるけれど、これはラノベの歴史を端折りすぎでしょ?
電撃文庫なんかは昔からSF色が強め。それは小説大賞の受賞作を見れば分かる。
第一回金賞:クリスクロス
第二回大賞:ブラックロッド
第四回大賞:ブギーポップ
第五回銀賞:コールドゲヘナ
と、いまじゃ一般のSF小説を書いてる人がチラホラいる。

最近でも禁書とかアクセル・ワールドとかアニメ化されてるものでSFは多い。
まあこの記事の人はこれらをSFには含めんだろうけど。

そもそも
“キャラの魅力を描こうとすると、そこに紙幅をさいてしまいますから、余計な世界観設定だの特殊語句を伴う科学理論なんていうものは敬遠されてしまうのです。”
というのは妙な話だ。世界観設定や特殊語句を使用するジャンルはSFだけじゃないのに、なぜSFだけを目の敵にするのか。
そもそもこれじゃ“余計な世界観設定だの特殊語句を伴う科学理論”がなければSFじゃないみたいではなかろうか。(揚げ足取りっぽくてもうしわけないが)

仮にグレッグ・イーガンが電撃小説大賞に応募したとしよう。
大賞をとるかというと、そりゃとらないと思う。だって明らかに中高生を対象にしていないからだ。
ラノベでSFを書くなら、ラノベの流儀でSFを書くべきなのだ。やたら女の子が出てくるのも、それが中高生に向けたSFだからである。


一つ一つ突っ込んでいくとキリがないけど、
“もしかしたら今後、ファンタジーと日常系が飽和状態になって陳腐化してしまうことになったらあらためてラノベでもSFが見直される時代が到来するかもしれませんね。”
こういう考えを持っているなら、なぜSFが陳腐化した/飽和状態になった/飽きられた、と考えられないのだろうか。

ラノベのブームはファンタジーと日常系ばかりではない。
伝奇が流行ったことも学園ものが流行ったことも、もちろんSFが流行ったこともあるのだ。
ただブームは必ず廃れていく。ジャンルは常に融合していく。
自分がいま流行ってないと思ってるものは、かつては流行っていたものだという可能性を忘れないで欲しい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。