2016夏アニメ

・ベルセルク
★★☆
フルCGというのが最初から不安だったので、まあこんなものだろうというのが実感。
ベルセルクの見どころって実は激しいアクションじゃなくて、一撃の重さや衝撃を感じさせる大ゴマなんだよね。だから緻密な動きが表現出来るCGとは徹底的に相性が悪い。
映画をフルCGでしてしまったので、TVはセルアニメってわけにもいかなかったんだろうけど、正直イマイチ。


・甘々と稲妻
★★★★
素晴らしい。思い描いていた通りの理想のアニメ化。
子役の子の演技も良かったし、中村さん早見さんも想像していた通り、いやそれ以上にぴったりだった。
非の打ちどころがない――いや想像を超えるほどのクオリティだ。


・サンダーボルトファンタジー
★★★☆
鬼哭街から武侠にハマり、金庸→古龍→梁羽生→Gガン(二回目)→カンフー映画(二回目)という転び方をした俺としては、こうして虚淵武侠をTVで見れるだけでもう感動的。
武侠独特の言い回しなんかは文字で読みたかったと思う反面、息もつかせぬアクションはほとんど実写映画を見ている感覚。人形なのに。
ただナレーションはドラマCD版鬼哭街と同じく、小杉十郎太が良かったなぁ。敦っちゃんの声はすごい好きだけど、もっと重々しいほうが良いと思うんだよな。まあ好みの問題ではあるが。


・初恋モンスター
★★★
六等身美少年が実は小学生という少女マンガを揶揄する画像で有名なあれだけど、実際の内容はチンコチンコ言いまくるようなヒドい作品。
銀魂とか監獄学園とか、ああいういい大人が下ネタで騒ぐ作品の系列。
面白い。面白いけどヒドい。
ヒロインの娘は可愛かった。


・魔装学園HxH
★★★
毎度お馴染みエロアニメ枠の作品。
ただハイスクールDDだの鬼畜勇者だのに比べて作画が良くなってて、中々にエロかった。
エロ・萌えアニメは作画が良くてはならないというのが持論だが、このレベルに達しているなら無視できないな。


・レガリア
★★☆
キャラは良いんだけど、物語の背景・設定やキャラの関係性などが掴めなくて、全く感情移入出来ない一話だった。
別に世界観を一から十まで説明する必要もないし、謎があることはいいんだけど、キャラの掘り下げが浅すぎて戦う動機が見えないから、妙に白けてしまう。
素材は悪くないんだけど、ただただ料理が下手だった、という印象。


・アンジュ・ヴィエルジュ
★★☆
話の半分以上キャラが裸で、謎の怪光線が飛び交う変なアニメと化していた。
しかも裸になんの意味も感情も伴っておらず、嬉しくないどころか減点といったレベル。
キャラを沢山に出したせいで個々のエピソードがとっ散らかって、イマイチ入り込めないのも良くなかった。
作画が悪いわけではなく、これもまた料理が下手という印象。


・ダンガンロンパ3未来編
★★★★
アニメオリジナルなのにちゃんとダンガンロンパになってて感心した。
キャラやシナリオは勿論、空気感というか雰囲気というか、とにかくこれは間違いなくダンガンロンパだ。
岸監督の実力は本物だなぁ。
最初の事件発生までで第一話というのも完璧。


・ダンガンロンパ3絶望編
★★★★
冒頭が希望編一話と繋がっていて、実質ダンガンロンパ3の二話。
OPはポップな絵柄と曲調が大変グッド。特に江ノ島盾子の吐息で落下していくシーンは、彼らのその後を知ってるとそれだけで泣きそうになる。
一話はキャラ紹介の回で学園生活をしてる彼らを見てるだけでまたちょっと泣きそうになる。
ただこの段階で色々と疑問があって、
・七海がいる(希望更生プログラムのキャラではなかった? モチーフとなる人間がそもそも存在した? ジャバウォック島に本人がいないということはいずれ死ぬということ?)
・御手洗がいる(ジャバウォック島にいない/希望編にいる点で非常に怪しいキャラ。ただその太った外見から、超高校級の詐欺師である彼の可能性が高い)
・十神(偽)がいない(前述の御手洗に変装中と考えられるが、だとしたらなぜその後十神に変装することになったのかが不明)


・この美術部には問題がある
★★★★
原作のうさみ先輩の可愛さが完璧に再現されていて最高だった。
OPの雰囲気も良かったし、作画も非常に良好。
声優の演技も驚くほど違和感なし。(特に内巻くん)
ただただ最高だった。


・なりあガール
★★☆
いわゆるgdgdでてさぐりなアレ。
ただなんというか――全くこれっぽっちも面白くない。
結局この方法での作品って、声優の無茶ぶりに対する瞬発力があってこそ成り立つのであって、つまり声優が面白くないと全く作品も面白くないんだよ。
女性声優がわいわいするだけのクソつまらないアニラジを聞かされているような気分。
いっそ脚本をラジオの構成作家にしたほうが良いんじゃない?


・あまんちゅ
★★★★
OPの美しい映像と、坂本真綾の歌がもう素晴らしくて素晴らしくて。
淡い色調のタッチと、抜けるような青が全編を通してただただ綺麗。
いまの技術でARIAをアニメ化したらきっとこうなると思わせる完璧なアプローチ。
作者の世界観と魅力を、アニメサイドがちゃんと理解している証左だ。
キャラクターも可愛いし、適度にコミカルだし、非常にグッド!


・斎木楠雄のΨ難
★★★
アララギ君をも超えるレベルで神谷兄さんが喋りまくってて大変そうだった。アジアナンバーワンのモノローグ声優。
ギャグと話のテンポが良くてグッド。特に斎木の両親の配役が岩田・愛河のガチ夫婦だったのは笑った。
深夜に放送するのが勿体ないぐらいの良質なジャンプギャグアニメ。


・NewGame!
★★★☆
明るく楽しいOPとか、かわいいキャラクターとか、安定の動画工房クオリティ。
特にOPは毎回素晴らしい出来だぁ!
原作通りの非の打ちどころのない完璧なアニメ化。


・はんだくん
★★☆
いきなりメタネタをぶっこんでくる度胸はなかなか。
自己評価が異様に低いはんだくんというキャラも立っている。
ただギャグアニメとして突出するものがなく、イマイチな印象はぬぐえない。。


・天鏡のアルデラミン
★★★☆
キャラデザからしていわゆる萌え路線から外し、原作通りの骨太な軍記物に舵を切ったところはグッド。
心配していたラノベにありがちな駆け足展開ということもなく、丁寧に描いているのも良かった。
このペースだと四話で一巻ぐらいのペースだろうか。ラノベとしては異例の消化速度だ。(平均一冊三話。ヒドいものだと一冊二話で消化している現状を鑑みるに)
こういう作品の魅力を理解して、その魅力を際立たせるようにアニメ化する才能というのは、地味だが優れた能力と言えよう。


・テイルズオブゼスペリア
★★★
ufotableらしい綺麗な作画と超撮影なんだけど、いかんせん話がさっぱり分からない。
元がゲームだから仕方ないのかもしれないが。
原作通りの丁寧なアニメ化ゆえの弊害なのだろう。きっと。


・アクティブレイド 2nd
★★★☆
旧メンバーが引退してたり部署を異動してたりするんだけど、わりとすぐ復帰したりして、やきもきさせるような煩わしい展開がなくて良かった。
新キャラを立てながらも、旧キャラに見せ場を作って、ちゃんと新しい雰囲気の二期になってるの、素直に上手い。
前作から引き続き安定した良作。


・帰宅部活動中
★★☆
ギャグもわりあい冴えてるし、作画もさほど悪くない。
ただ――致命的なまでに声優が下手。
テンポが悪いし棒くさいし演技になってないし。
一番経験が豊富で演技が上手いのがマスコット役のゴーカイイエローってどういうこと?
なんか声優学校っぽいプロダクションが協力しているようだけど、ほんと声優の演技で全てぶち壊しにされるの作品が可哀そう。
スポンサーサイト
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード