2016冬アニメ


・無彩限のファントムワールド
★★★★
異能学園の異能バトル部活ものという、非常に典型的なラノベ設定。
ちょっと京アニっぽくないかと思ったけど、さすがに絵のクオリティやギャグのテンポは良い。
系譜としては中二病(部活要素)⇒境界(伝奇要素)⇒ファントムワールドといた感じだろうか。
京アニはさすがに手堅い。


・アクティブレイド
★★★☆
レイバーがパワードスーツに置き換わったパトレイバー、というネットの評におおむね納得。個人的にはむしろ戦隊ヒーローという印象を受けたが。
主人公が警察官で、反目しあうバディと新人指揮官がいて、パワードスーツに変身して敵と戦う――と、ほぼデカレンジャー。
二人がわりと熱いタイプなので、より戦隊ものっぽい。
ド直球に真っ当なストーリーで、日曜朝の9時に放送しても違和感なさそう。
一方で亜沙ねえデザインなので女の子がすごく可愛いのもグッド。


・ラクエンロジック
★★★
力を失って普通の生活をしていた主人公が、力を取り戻して強敵を倒す――というのは少年漫画の一話というか、ラノベの冒頭みたいな感じ。
ドストレートな内容なんだけど、変に捻ったりハーレム感がないので、嫌味なく楽しめる。
動画工房なので絵的なクオリティも問題なし。
冒頭のカードゲームパートが謎ではあるが……。ブシロードのCMかと思った。いやブシロードのカードゲームだけど。
(スタッフ紹介を兼ねてるのはセンス良いと思うけど)


・PSO2 アニメーション
★★★
主人公が学園のマドンナ的な生徒会長の依頼でPSO2をするというストーリーがちょっと頭をひねったけど、PSOパートは高難度にいきなり挑戦⇒勝利という少年漫画の一話みたいなノリでなかなか入りやすかった。
生徒会長がネットでは哲章ボイスで喋る全身アーマーというギャップも面白い。
最近のアニメの一話にしては登場人物が少な目で、かえってそれがメインキャラの掘り下げに繋がってて良かった。
一見クソアニメ臭がするが、なかなかどうして良作である。
しかしこれも朝か、あるいは夕方6時にやってそうなノリのアニメだ。


・だがしかし
★★★☆
アニメではパロディネタが追加されていたけど、原作がハイテンションギャグ漫画なので違和感は全然ない。
駄菓子を土台にした可愛いキャラ+ハイテンションギャグという原作の魅力を、製作側はよく理解している。
次回予告のミニキャラも可愛かった。
あとエロい。


・おしえてギャル子ちゃん
★★☆
ナレーションが能登さんで、どんどん卑猥なセリフを言わせるところにアニメの業を感じる。
本編は決して悪くはないんだけど、普通な印象。
原作が一ページ完結なのでアニメにするとどうしても淡白というか、テンポがやや遅く見えるというか。単に媒体の差だろうけど。
惜しい。


・石膏ボーイズ
★★☆
「汝は竜、罪ありき!」(cv.杉田)
イケボの石膏がアイドル活動という、おそ松さんをさらに尖らせたような作品。
石膏の自己紹介のシーンは面白かったけど、出オチすぎてこの後がかなり不安。
しかしこの時間帯アイドル枠なのかしらん。


・ディメンションW
★★★★
男がストリートな感じのダンスしたりキレッキレのバトルをしたりする超絶OP。やっぱり梅津泰臣だった。この人はブレないな。
本編はまず映像が良い。画が良いのはもちろんだけど、コイルの光の鮮烈さに対して、マブチさん家の自然なカラーが自然な対比になっててグッド。サイバーパンクな薄暗い街並みも素晴らしい。
ロボ子が回収屋になって終わりというのもキリが良い。すごく丁寧で綺麗な一話。
……しかし改めてアニメで見ると、Gロボ感のある一話だ。
「コイル。それは完全無公害、完全リサイクルの夢のエネルギー」「無限のエネルギー! それはもう、幻ではない」「これが私に出来る、唯一の償いだ!」(バシュタール現象)


・ハルチカ
★★★
意外! それはミステリー!
ユーフォニアムかと思ったら氷菓だったみたいな感じ。
完全に青春ラブコメと思い込んでた。まあラブ要素というか三角関係要素はありますけどね……。
メインキャラの一人がガチゲイなのは驚いたけど、ヒロインは可愛いかった。


・最弱無敗のバハムート
★★★
今期ではほぼ唯一の典型的ラノベアニメ。
開始すぐにラッキースケベしたり、その相手がお姫様だったり、ISみたいな鎧で戦ったり、ホライズンみたいに会話の頭にイエスって言うキャラがいたり、実は強い主人公とか、典型的どころかもはやラノベのキメラのような作品。
絵のクオリティは良く、キャラは可愛い。
前期であればジェネリックラノベ乱立によって埋もれてたろうが、今期は他にラノベアニメがないため存在感が主張出来てる。
やはりこの手の作品は一クール一作ぐらいがちょうどいいな。


・おじさんとマシュマロ
★★☆
稲田さんの普通おじさん声ってどうなんだろうと思ったけど、聞いてみると部下に翻弄されるドギー・クルーガーみたいで楽しい。
当て馬キャラに定評のあるキタエリがメインヒロインというのも新鮮。


・魔法少女なんてもういいですから
★★
魔法少女ネタはもう食傷気味。
キャラ萌え、ギャグのどちらにも寄ってないどっちつかずな内容が難点。
原作を読んでると、この音速丸みたいな変なマスコットがヒドい目にあうようになっていくと話は良くなっていくのだが。
OPはすごいセンスが良い感じだった。


・霊剣山
★★
武侠じゃねえのかよ!
ジャンルは仙人ものだし、話もギャグ多め――おおよそジャンプの王道漫画ぐらいの比率。さりとて一話から盛り上がるシーンがあるわけでもなし。
というかコミカルなシーンがだいぶ浮いてる。原作にないんじゃないだろうか。
勝手に武侠を期待してたので落胆が大きい。


・灰と幻想のグリムガル
★★★
世界観としてはウィザードリィ的なガチ難易度の異世界転生もの。
といっても、異世界の自覚はないのでほぼファンタジーものとして定義していいだろう。
美麗な風景描写がファンタジー感を非常に掻き立てて良い感じ。
無双か、そうでなくとも最初からベテランのファンタジーものが多い中で、全くの素人冒険者たちが金の工面でひいひい言ってるのは新鮮。
なんだろう、フォーチュン・クエスト以来な気がする。


・この素晴らしい世界に祝福を
★★★★
若くして死んだ主人公が異世界に転生するというテンプレめいたストーリー。
作画もそれほどではなく、最近の高水準なアニメの中ではむしろ劣るといっていい。
しかし馬鹿っぽいけど卑屈さのない主人公や、とくにかく頭が悪い女神、ゲーム風のアイキャッチ、一話っから工事現場で汗水流す二人など、ギャグのテンポがすごい良い。
なんというか、生き生きとしている。
これはダークホースだ。


・蒼い空のユーフォリア
★★★
今期では珍しいギャルゲー原作。
空を飛べる靴がある以外は極めて真っ当な学園もの。
恐らくこの空を飛べる靴が部活ものスポーツものへと繋がっていくのだろう。
こちらもギャルゲー原作、普通の学園ものというのが他にない今期に存在が主張出来ている。
あとspriteらしくキャラクターは非常にかわいい。
(この会社、すっかりエロゲ屋じゃなくなったな)


・シュヴァルツェスマーケン
★★★
マブラヴスピンオフ。
人死にでは前期のファフナーがぶっちぎりだったので、やはりこれも今期で良かったなぁという感じ。
こっちはどちらかというと秘密警察の密告とかスパイとか、精神面から攻めてくる作品であるが。
アクションは地味ながら堅実。戦闘=見せ場っていうほど押しつけがましくもない。
欲を言うともっとBETAの数が多くて、動きが気持ちよかったらなぁとか。
うん、マブラヴのメインはロボよりもBETAなんだな。


・ブブキブランキ
★★★
一話を見る限り話はいまいち分からない。
ただ脚本がイシイ&北島の428コンビだし、歴史の改変みたいな話もあって、後半で一気に収束するんだろうと期待はある。
ただパンチラインもそうだったけど、今までの伏線やバラバラだった事象が後半に収束する展開ってのはアニメだと中々難しい。
これはアニメとゲームの媒体の違いが大きい。ゲームは時制がプレイヤーでコントロール出来るけど、アニメは30分垂れ流しなので、複雑な物語や多くの伏線を用いるのに向かないってこと。
シュタインズゲートのアニメが良かったのは、原作が一本道で個々のエピソードはそこから派生するので、伏線がかなりシンプルだっていうことなんだなぁ。


・大家さんは思春期
★★☆
一話を見て分かったことは大家さんが可愛いということ。
それ以外は混沌の中、ドロヘドロ――って感じだけど、5分アニメでは可愛いor笑えるが出来れば十分だろう。


・紅殻のパンドラ
★★★
原作は六道紳士×士郎正宗のコンビで、大まかな印象としてはキャラとギャグが前者、世界観とメインストーリーは後者の印象。
義体技術の発展期の近未来が舞台で、攻殻の数十年前といった感じ。
まあタイトルもそうだけど攻殻をパロってるのは確か。セルフオマージュに近いが。
つかアニメのメインキャラの声が田中敦子なので、ますますセルフパロディ感すごい。


・亜人
★★★
劇場版をTV用に再構成した作品。ブレイクブレイドとか攻殻ARISEとか、この手の作品は一定数あるな。
フルCG作品で、そのあたりはちょっと違和感。ブブキなんかと比べるとやっぱりCGっぽさが強い。
一、二話では話はあんまり進んでないけどサスペンス的なノリだし、後半に良くなっていきそうだし視聴継続。


・魔法使いプリキュア
★★★★
プリキュアはコミカルで子供向けっぽい絵柄と、少女マンガっぽい等身高めの絵柄が一年周期で変わっていく。今年は後者。
最初っから二人で変身したり、二人の力で魔法の力がアップしたり、久しぶりのコンビ推し。
メルヘンに憧れる一般人と、魔法学校の劣等生という組み合わせがグッド。
魔法使いというものの、バトルは相変わらずパンチとキックで安心。
あとEDのCGがまた進歩してた。プリンセスのときは主線がハッキリした漫画的絵柄だったのが、今回のはかなりアニメーション寄りで自然。
CGは二年ぐらいでがらっと進歩しちゃうよな。


・ジュウオウジャー
★★★★
主人公以外、異世界の亜人というのが面白い。最終回にお別れがあると思うと、いまから泣けそうな気配がする。
レッドが熱血だけど馬鹿じゃなくて、責任感やプロ意識を持った、ちゃんとした大人というのがグッド。
あと演技にはやや拙さはあるものの、熱いシーンを熱く演じるとこが素晴らしい。
ゲーム感覚で侵略する敵に対して、ピクセルロボットで戦うというゲームモチーフな点も面白い。
なぜ人間である主人公が変身できるのか、彼を助けた鳥人間とは? と、謎もちりばめれていて、本当に見事な一話。
この第一話を見るだけで、今期の特撮がアタリって分かる。


・僕だけがいない街
★★★
映像のレベルは高いんだけど、原作で一冊かけた話を一話30分に収めたせいでかなり性急な印象。
確かに現代篇は序章的な話ではあるけど、こういう過去改変ものでそこをすっ飛ばしたら駄目なんだよ。
シュタゲも序盤はややタルいんだけど、悲劇が始まるとあの日常が恋しくなって、それが問題解決のための強い動機になるわけだから。
(ひぐらしとかKey作品なんかもそんな感じ)
原作は現代篇をしっかり描いているし、特に母親を見つけるシーンはめちゃくちゃ印象的なシーンになってて、その辺さっぱりしちゃってるアニメ版は正直かなり勿体ない。
あと主人公の演技がやや拙かったのが残念。声質は良かったのに。
スポンサーサイト

蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-Cadenza


★★★☆

元々のTVアニメが原作二割オリジナル八割という昭和アニメのような作りだったわけだけれど、今映画はそのオリジナル展開のまま完璧に綺麗な終わりをしていて非常に爽快だった。そういう意味では最初のハガレンみたいな感じだろうか。

千早翔像の正体とか、アドミラルコードの謎とか、霧の艦隊との決着とか、ヤマトのその後とか、ムサシの動機とか、そういった全てが原作にバトンタッチせずちゃんと消化されているのにはちょっと感動した。

力を失って通常の潜水艦になった状態で戦場に赴いたり、ピンチに仲間が助けに来たり、ストーリーはコテコテの王道なんだけどそれがピッタリ嵌ってるからめちゃくちゃ熱い。
特にTV版のラスボスであるコンゴウが登場するシーンは分かっちゃいるけどテンション上がる。

あとドリル戦艦タカオとか足柄全般とかちゃんと笑えるところがあったり、ほんとすごくよく出来てる。
それとタカオがずっと霧野さんだったのもポイント高い。

うたわれるもの 偽りの仮面

★★★

長く壮大なプロローグが終わったと思ったらゲームも終わった。
あれ、終わり? これ一作で完結しないの? 本作発表と同時に3の製作が決定したのってそういうこと?

まあサブタイトルから考えて入れ替わりネタとは思ったけど、まさかそこで終わるとは。
ここからエンナカムイを率いてヤマトと戦う話になっていくんだろうなぁ。
トゥスクルの立ち位置は分からんけど、三つ巴になっていくのかも。ムネチカはトゥスクル側に行くのかな。アトゥイとルルティエは国元に戻ってそう。

アクルトゥルカの失敗作みたいなのも出てきたし、ウズールッシャが噛んでるのだろうけど、旧人類の技術を使ってるってことは別の誰かが力を貸してるんだろう。旧人類の知識を持ってるのはウィツアルネミテアとオンヴィタイカヤンを除けばクローンだけだから、ホノカが関わっているような。
でも状況を見ると怪しいのはウォシスだよな。邪魔者のライコウとムネチカを役立たずのデコポンポと一緒にトゥスクルに送って仲間割れさせたり、ブライを誘導して帝の一派を排斥したり。
ウズールッシャの暗殺者を捕えて『尋問』してたから、そこでウズールッシャと繋がりが出来てたのか。
耳が隠れてて亜人間的特徴が見えないのは人間だから? 作中で獣耳でないのは帝とハク(旧人類)、ウル・サラとホノカ(クローン)、ウォシスとオシュトル(髪で隠れてる)の七人。オシュトルはハクと入れ替わる関係で耳が隠れてるわけで。とするとウォシスはスライム化を逃れた旧人類かクローンのどっちかか。誰が、いつ、って考えるとクローンというのは考えにくい気もするな。

人類について箇条書きで纏めると。
・免疫系が低下した人類は自然環境で生存出来なくなりシェルターで生活している。
(舞台が環境を再生した地球だったか、テラフォーミングした別惑星だったかは忘れた)
・アイスマンを研究し、その身体機能を人類に応用するという「アイスマン計画」
⇒人類の身体機能を強化する仮面=アクルカを完成。
 その後、アイスマン=ウィツアルネミテアの怒りを買って人類スライム化
・それとは別に人間の肉体を改造して環境に適応する帝の研究が「真人計画」
⇒実験のため体を弄りすぎた帝とハクはスライム化を逃れる?(帝が言ってるだけなので本当かは分からない)

このどっちかの研究グループの一人ってこと?

しかしここまで完結しないとは。マブラヴのアンリミ編かよ。(こっちはもうちょっとちゃんと終わってたけど)

続編はいつ出るんだろう。アニメが9月始まりの2クールだから、早くても来年の4月ぐらいかね。


……いま気づいたけど、ウルトリィだけ出番なかったな。

2016冬イベント


二海域+EXのマップ構成でアルペジオイベント以来の小規模マップ。(最終海域がダブルゲージなので実質四海域かもだけど)
今回から導入されたシステムは、編成によってスタート位置が変わるというもの。目に見える羅針盤制御みたいなもの。


・E1
水雷戦隊マップ。道中およびボスは潜水艦。とにかく今回のイベントは潜水艦を相手にすることが多く、雷撃回避のためソナー改修の重要性が増したイベントだった。
何度かボスをとりこぼすと思ったら、駆逐を三隻入れないといけないと思い込んでたため。
軽巡を二隻増やしたら危なげなくクリア出来た。

・E2
礼号マップ。礼号組だと上ルートで進めるが大破撤退がやや怖い。
重装備で下ルートになる。
低消費の礼号ルートか、高火力の重装備ルートか、3-5に似た判断を迫られるマップ。
個人的には礼号ルートのほうが楽。ボス前のPT群も弱体化してたし。あと三式足柄やロケラン大淀が集積姫にとんでもないダメージを叩き出すので、ボス戦はわりと爽快。
やや苦戦したけど、つらい思い出はなかった。

・E3
輸送+重巡姫撃破のダブルゲージ、ダブルマップ。
輸送マップは潜水艦戦が二回あるが、大破撤退がかなりあった。
ボス戦もガチ装備でもS勝利が難しく、大発/ドラム缶ガン積みとっとと攻略。
なお途中でついに念願の二隻目明石をゲット。

ボスマップは初戦のダブルダイソンが強力で、わりとガンガン大破させてくる。
これを抜けた後は空襲マップと姫なしマップなので多少は楽。(たまに大破するが)
あとグラーフはボス前でドロップするので、甲掘り出来るのがありがたい。
ボスは楽という話も聞くが、個人的には去年のダブルダイソンぐらいキツい。
ラストダンスの重巡姫+ダブルダイソン+空母おばさんという鉄壁の布陣のせいで、全くボスに攻撃が通らない。
最終的には全員小破未満でボス突入、昼戦で空母姫を落とし、夜戦でS勝利という勝って当然という条件で、当然のように勝利するというパターン。(去年のダブルダイソンもそんな感じだった。スナイプで勝利したこと、ほとんどない)
なおラストダンスのS勝利で沖波ゲット。


全体的にキツいイベントだったが、ふたを開けてみれば明石、まるゆ*2、グラーフ、沖波と大収穫である。
消費資材はボーキをのぞいておよそ40000ほど。ほとんどがE3での消費である。


今後の改修計画
・三式ソナー
最近水雷戦が増えているため、また潜水艦姫が出たことで重要度がかなり上がってきた。
(逆にPT群が弱体化したので副砲改修の優先度は下がった)
+3と+1しか持ってないというのもネック。
素材自体はあるのでMaxを3つは用意したいところ。

・10cm+高射
同じく水雷戦のため。ただ最近の艦が10cm砲を持ってこないので改修素材が尽きてしまったのが難点。
とりあえずいま持ってる全ての砲を+6まで上げるのが目標。

・五連装酸素魚雷
硬いボス相手だとカットインが重要になるため。
Max*2と+8があるが足りない
出来ればMaxが9本必要。(阿武隈*2、時雨*3、雪風*3、プリンツ*1)
一つは53cm魚雷としても8本、駆逐を一隻にしたとしても5本は必要。

・まるゆ
カットインのため幸運値の底上げが必要。
プリンツ、阿武隈、時雨、雪風が対象。
50~60ぐらいまでは上げたい

・試製41cm砲
ついに改装可能に。
41cm砲があまりすぎてたので非常に良いタイミング。

・ダズル砲
今後の高速戦艦のメイン武装たる砲。
いずれ試製35.5cm砲がくるだろうけど、もう二本ぐらいあってもいいかもしれない。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード