艦これ2015秋イベント


夏に続いて高難度マップでグラーフ・ツェッペリンと嵐の限定ドロップあり。
(海域の難度自体が夏より低いのでそこまでエグくはないけれど)
最近イベントのレア艦ドロップが多いな。運営の艦をコンプリートさせないスタイルという噂も、あながちウソではないのかもしれない。
ただ次のイベントの序盤でドロップすることを考えると、無理して取る必要のないトロフィーってことなのかね。
実際E1で夏イベ最深ドロップの風雲が一発で落ちたし。


●マップ
・E1
連合艦隊マップ。
ルート固定があるわけでなし、難所があるわけでなし、非常に簡単。
というか印象に残らないマップだった。
いきなり風雲がドロップしたのが一番記憶に残ってる。

・E2
初の輸送ゲージマップ。
ボス撃破不要というが面白い。
史実艦ルート固定があるのでクリアするだけならさほど難しくない。
逆にドラム缶装備のせいでS勝利はかなり
けど、S勝利となるとかなり難しい。(ドラム缶装備のせいもあるが)
結局、悪神通を落とすことは一度も出来なかった。

・E3
こちらも輸送マップでしかも連合艦隊。
ボス戦は第二艦隊の夜戦任せなので、第一艦隊はドラム缶ガン積み。
すごく護衛艦隊っぽいシステムで仕組みとしてはなかなか面白い。
ボス撃破は不要だけど明石狙いで倒しにかかってはみたものの、支援を入れてもほとんどS勝利とれず。ドラム缶のせいはあるだろうけど、掘りには向かんね。

・E4
連合艦隊による潜水艦マップ。ボスも潜水艦。
ギミックはあるものの、ソナーガン積み出来る上級者はギミック発動なしでもクリア可能。
というか、攻略勢はみんなギミックなしでクリアしてる。俺もしてる。(というかギミック解除が面倒)
ボスよりも道中大破のほうが怖い。
逆にボスマップは潜水艦*3なのでそれほど難しくない。(ダイソンがいるとS勝利がやや難しくなるが)
道中/決戦のどちらの支援もなしで攻略可能。(支援効果も薄いし)
周回するならギミック解除したほうが効率的。

・E5
軽1駆4他1の水雷マップ。
輸送と撃破のダブルゲージなので実質E5E6ともいえる。
道中に夜戦マップが二回で、ルート固定だと川内旗艦となるので、川内さんがすごい嬉しそう。
水雷マップなので事故率はやや高め。特に二回目の夜戦とボス戦に現れる場合があるPT鬼は高回避・高雷撃・高カットインでウザいことこの上なし。
S勝利を取れるかどうかはコイツの不在にかかっているといっても過言ではない。


●今後の改修予定必要装備

・10cm砲+高射
駆逐艦の最強装備。
今後も水雷マップがあるならやはり必要になってくるだろう。
すでにMax3、+7、+6とあるので、+7をMaxにするのを目標とする。

・ソナー(三式/四式)
ついに潜水姫が登場したことで、ソナーの重要性が増した。
ソナーはアホほど溜め込んでたので数は十分だったけど、今後のことを考えると+1ぐらいにはしておいた方がいいのかもしれない。
あと幾らなんでも量が多すぎるので、三式は改修で消費した方が良いな。一個ぐらいMaxを作っててもいいかもしれん。

・副砲
PT鬼特効がありようやく副砲の存在意義が生まれた。
イタリア副砲が+7まで改修済みなので、次イベまでにMax2本にしておきたい。

・38cm砲改
連合艦隊マップだと高速戦艦の砲が足りないことがしばしば。(長門型二人とビス子を組ませた場合の装備が悩ましい)
命中補正を考えるともう一本鍛えておくのも悪くなさそうだ。41砲も余ってるし。

・2号砲/3号砲
今回は出番なかったけど、改修は継続中。
それぞれ1本ずつMax。

・イタリア砲
陸奥長門がドロップして41砲が余っているので、こっちでも使っていきたい。
イタリア艦、あんま出番ねえけど。

・5連装魚雷
幸運艦と阿武隈を同時運用した場合を考えると、やはり四本は必要。
現在はMaxが3本なので、残り1本。

・51cm砲
こちらも出番なし。
それぞれ+6まで改修。ここから先は46cmが3本必要なので時間かかりそう。

・41cm砲
1本Max。
これ以上はいらないだろう。
スポンサーサイト

ガールズアンドパンツァー劇場版


★★★★★

主人公の学園だけでも幾つものチーム、幾人ものキャラクターがいるのに、さらに他学校の新旧キャラを登場させながら、全員に見せ場とエピソードがあるところが本当にすごい。
情報量の多さでいえばMadMaxに比肩するレベル。
中盤の転校騒動のシーンも一切中弛みがなく、むしろ個々のキャラクターのエピソードの掘り下げや成長になっている。
(グレる風紀委員や、サバイバルするうさぎさんチームとか、肉体改造するありくいさんチームとか)

後半の展開も非常に熱い。
ピンチにライバルが駆けつけてくるという熱い王道展開はやっぱりテンション上がる。
(くしくも主人公が同じく渕上舞の蒼き鋼のアルペジオ劇場版と同じ感想である)
またイタリア忘れられたかと思ったけど、登場してくれて良かった……。
余談だがガルパンでドゥーチェが一番好きかもしれん。あの外見で実は姉御肌の苦労人でしかも仲間思いっていう、あれだ、これが尊いって感情か。

戦車戦自体も相変わらず実在するとはいえとんでもない戦車が出てきたり、色々とギミックを使用したりとたいそう楽しい。あとパーシング。
(研究の速さとコストパフォーマンスの高さ、潰される駆逐戦車、RUSE、うっ頭が……)

ラストバトルの舞台を遊園地にしたけど、あれだけの戦車をどこでどう活躍するか考えるのは相当大変だったのではないだろうか。
ミニチュアを作って構想を練ったんじゃないかとすら思ってる。

とにかく2時間みっちりダレることなくずっと面白い、アニメとしてだけじゃなく映画全般として見た場合も非常に優れた作品なのでぜひいろんな人に見ていただきたい。
つか、これ、Disc買おうかな……。

シヴィライゼーションREVOLUTION2+


★☆

PS3版の無印より劣化してるヒドい出来。
そもそもの移植がPS3版シヴィRev→iPhone移植版→iPhone版シヴィRev2という流れで、家庭用からiPhone版に移植する際スペックやら操作性やらの問題で色々変更されたわけだが、iPhoneからの再移植の時はそれらを一切考慮していない――いわゆるベタ移植のようだ。
以下に問題点を列挙してみよう。


・操作性
操作はiPhone準拠となっているためユニット選択などがボタン長押しなどゲーム機としての操作性は最悪。
Vitaはタッチパネルなので問題はないように思われるだろうが、せっかくゲームキーという優れたインターフェイスがあるのに、それよりはるかに劣るタッチパネル操作を強制されるのはただただ不満である。


・難易度
最高難易度の天帝すら初見でクリアできそうなクソみたいなレベル。
そもそも敵が蛮族を狩らない仕様なので都市を育て放題。狭路であれば蛮族を放置しておくだけで道を塞げるという謎仕様。
それどころかこっちから宣戦布告しない限りそうそう攻めてこない。
しかも都市も拡張しないから、西暦1500年になってもレギオンで攻めてきたりする。
天帝、対アメリカ・中国・イギリス、モンゴルプレイでやったとしても、恐らく楽勝だろう。
というか、騎士ラッシュで100%勝てる。


・追加指導者・ユニット
キャラクターは無印から2で5人、2から2+で3人追加されている。
なかなか興味深い性能のキャラもいるのだが、前述のクソ低難易度のおかげでキャラクターによってプレイに差が出ることはない。
ユニットも航空母艦や軽戦車、長距離砲などが追加されているが、もちろんそんなものは必要ない。
騎士が二軍団あればどんな文明だろうと勝てるのだ。


・マップ
とにかくマップが非常に狭い。すぐに敵文明と接触するし、拡張する土地も少ないし、文化遺産もすぐ見つかる。
もちろん前述の航空母艦や軽戦車など“近代”の“機動力の高い”ユニットを作るタイミングは存在しない。
なに? フランスやイギリスに挟まれると文明圏がすごくうっとうしい? 研究を進めて騎士で攻めろ。


・戦闘
今回、防御ユニットは防壁があれば反撃不能の遠距離攻撃が出来るようになっている。
これ自体はなかなか面白いシステムなんだが、ライフル兵軍団の攻撃で巡洋艦隊が轟沈させられたときはさすがに目を疑った。なんだこいつは、リップバーンウィンクルか?
まあ騎士が戦車を倒すこともあるようなシド星なのでバグとは言い切れないとは思うけど、いままでに比べて勝利判定が甘い気がする。


・バグ
ベタ移植のくせにバグが多いのが一番の問題。
特に多いのが数字のバグで、例えばタイルの産出値の表示が文化遺産は反映されるのに、建築物は反映されないというものがある。
つまり東インド会社を作った時は海タイルの産出値が3になっているのに、交易所を作っても砂漠の値は1のままになっていたりするのだ。(内部的には反映されていた)
あと戦闘の際の戦力が整数表示のため、ベテランや丘陵からの攻撃(+50%)でも表示は1のままになっている。 内部的にどう処理されているかは不明。なおスパイは軍団化しても戦力表示は1で、内部処理も1のままだった。
一番致命的なのはユニットをアップデートした直後、戦力が0になってるユニットがいてコイツを戦闘させるとゲーム進行が止まるというもの。アップデートラッシュは基本戦術なので非常に発生しやすいのに、なぜこんなバグが放置されたのかは甚だ不思議。というかドイツ文明が死ぬ。
それとバグかどうかは分からないが、蛮族などの報酬が騎馬であることがかなり高い。(1プレイで大体五回ぐらいある) 意味の分からない偏り。


・対戦
これだけヒドい移植とはいえ、大元のゲームシステムは優秀なので人と対戦プレイしたならそれなりには盛り上がっただろう。
だが残念なことに本ゲームはネット対戦はおろかアドホック対戦すら出来ない。
救いはない。現実は非常である。


・トロフィー
ヤケクソかと思うぐらいたくさんある。
ほとんどは簡単だが、特定文明で制覇勝利以外というのは面倒くさい。


元々のゲームシステムが優れているのでクソゲー・オブ・ザ・イヤーとまではいかないが、続編としての劣化の具合でいえば歴史に名を残すレベル。
同時期ならシュタインズゲート・ゼロやら絶対絶望少女BEST版が出てるので、そっちを買った方が良かったと思いました。まる。
ある程度トロフィー取ったら売ろう。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード