スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年秋アニメ

・蒼穹のファフナーEXDUS
★★★★★
OPが変わるでもなく、さらっとスタートした二期。
そしていきなり逝ったーーー!
いや、滅茶苦茶フラグ立ててたけどさ。コイツ、なにげに一期からいたキャラなんだぜ?
イベントで「殺さないでくださいという意見が多くて驚いた。検討する」みたいなこと言ってたけど、全くそんなことはなかったぜ。
あとちゃんと脚本が冲方先生なのでほっとした。
途中で脚本変わるとかいうのはやめてくれよ。


・機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
★★★★
火星植民地の少年兵というヘビーなガジェットとか、胸糞悪い大人がまんまと嵌められて全滅とか、巨大剣を手にガンダム登場とか、完璧な一話。
戦車の進化系みたいなモビルワーカーとか、いかにもロボって感じの量産型モビルスーツとか、騎士っぽいパーツのガンダムとか、ロボットデザインも中々いい感じ。
今後は少年兵たちが愚連隊として、蠅の王とか十五少年漂流記とか、そんな感じの話になっていくのかな。いや、サンライズだからバイファムか。
これは久しぶりに大当たりのガンダムだ。


・進撃の巨人中学校
★★
ミニキャラな絵柄といい話の筋といいすごく18時アニメっぽい。
OPが元ネタと同じくRevoだけども、映像がほぼパロディなので、曲は同じか替え歌とかで良かったんじゃないかな。
後半は声優バラエティ番組。これってAT-Xだったっけと思うような内容。
もうどこの層が狙いなんだかわからない。
なんというか、しっちゃかめっちゃかすぎないか?


・K -return of kings-
★★★
二期だけど間に映画を挟んでいるので、一期からわりと色々変わってた。
取りあえずアンナが赤の王を継いだことと、新しく緑のクランが台頭していることだけ押さえていればいい感じ?
相変わらず気合の入った映像。
ただ淡島さんがちょっとセックスアピールしすぎで、監獄学園の副会長みたいになってるのが最早ギャグなんだけど。


・ランスオブマスクス
★★
朝の九時からやってそうなアニメ。
少女漫画っぽいというか、なんというか。


・落第騎士の英雄譚
★★★
ああ、要するに騎士科高校の劣等生ってことね。
ラノベ界ってのは人気作が出るとすぐにジェネリックが出回るからな。
とはいえ、SILVERLINK製作の監督大沼心ってことで、映像面においては良質。
最低でもクソライトノベルアニメ化しないことだけは保障されている。
話の筋は、まあ、うん、ジェネリックだ。


・孤独のグルメ
★★★☆
待望の第五期。しかし今期は放送枠が移動してしまい、東西時差が発生してネットで盛り上がりにくくなってしまったのが難点。一期の頃と比べれば放送されるだけマシなのかもしれないけれど。(なので-☆)
一話ゲストがいきなり寺田農さんで、相変わらずゲストの謎の豪華さ。しかし商売パートはガーキャンしてすぐに腹減るところが五郎さんの五郎さんたる由縁か。
しかも初っ端からガーリックハラミという破壊力のある内容。
焼肉は夜食テロの定番だが、シンプルがゆえに強力だ。
ビールクズ先生も絶好調で、安定した面白さだ。


・機甲創世記モスピーダ
★★☆
って、深夜帯にしれっと新番組に紛れて何放送してんだ!?
HD画質では初めての地上波放送って当たり前だ。懐かしすぎる。
相変わらずOPソングが滅茶苦茶カッコいい。
そしてバイクが変形してパワードスーツになるのが、これまたいま見ても格好良いわ。
しかし地球が舞台だったんだなぁ。子どもの頃に見てたから、どこかの異星の話だと思ってた。
関西月曜はうしおととら、おそ松さん、モスピーダ、ルパンの流れになっててタイムスリップ感がすごい。いま昭和何年だ?


・てーきゅう
★★★
全く変わってないのでコメント出来ないな。
あえて言うなら今までに比べてちょっとOPの歌にインパクトがないかな?
このまま10期でも20期でもやればいいじゃないかな。
(仮に10期やっても一般アニメの二クールにも満たない分量なんだけど)


・コメットルシファー
★★★
ラピュタ的なジュブナイフなロボットものなのかな?
眠かったのか知らんが、驚くほど頭に話が入ってない。
絵は良い感じだし、EDの雰囲気もすごい良い。
ロボットものなので継続してみる予定。


・うたわれるもの 偽りの仮面
★★★
クオンはゲームではかなり美人な感じだったけど、アニメだと顔が崩れてて可愛い印象だ。これはこれで良い。
ゲームでは長めに描かれていた序盤がテンポ良くなってたのもGood。
なかなかよいアニメ化ではあるんだけど、原作ゲームの発売から一か月も経ってないってのは、そのプレイする側としては大変なんだよな。
アニメに追いつかれないように進めなくては。


・北斗の拳DD+イチゴ味
★☆(+★)
うーん、やはり全く面白くない。
大地丙太郎監督なので非常によく出来てはいるのだが、話がこれほどつまらないと擁護しようがない。
外見だけ綺麗な欠陥住宅みたいだ。
18時NHK教育でもなければ許されないレベルのアニメ。
どうして再アニメ化出来たのかただただ不思議だ。

一方でイチゴ味は万丈さんの演技もあって、短いながらもすごいインパクト。
なんでこっちが2分なんだ? せめて15分にすべきだろ。
来週からこっちだけ見る。


・学園都市アスタリスク
★★★
異能学園で炎を操る王女様の裸を見たせいでタイマンバトルをすることになった主人公――って、冒頭が完全に落第騎士と同なんだけど、そもそもどちらもジェネリックライトノベルなので個人的には両者が似てるとも思わなかった。(両者はそもそも別々の作品に似ているわけだから)
いうなれば変態仮面とデッドプールみたいなもので、どちらもスパイダーマンに似てるけど、両者が近似しているわけではないという。
そもそも落第騎士がイチャラブ系なのに対して、こっちはハーレム系と思われるのでちゃんと棲み分けは出来てると思う。
作画も落第騎士同様、ジェネリックラノベとは思えないほど良好。


・第53試験小隊
★★★
キれると強い異端審問官の主人公と、異能学園ものの多い今期ラノベアニメの中では中二力が一番高い。
ラッキースケベなシーンはあるが、露骨な裸やパンツじゃないところは実際奥ゆかしい。というか太もものアップの方が多くてむしろフェチズムを感じる。
作画も良いしアクションも良好。
今期のラノベ枠ならこれが一番好みかな。
つか今期のラノベアニメ、作画が標準を超えてるのが多くて切れないよ。


・ワンパンマン
★★★
原作は適当な性格/デザインのキャラが村田先生の超作画で滅茶苦茶するギャップが面白いんだけど、アニメはちゃんとそのへんが分かってる。
とにかくバトルがよく動くし、敵は豪華だし、OPはJAM。
もうそこだけ抜き出せばガチガチのバトルアニメに見えるんだけど、余韻もなくすっとオチがつく台無し感はちゃんと原作っぽいギャグになってる。
テンポの速いギャグアニメなので肩肘張らずに見れるのも良い。


・仮面ライダーゴースト
★★★
脚本が刑事ものの人なのでどうなるかと思ったけど、うん、思った以上に良かった。
ヒロインとか寺の住職とか、サブキャラの個性が立ってるのも勿論、主人公に対して好意的なせいかすごく好感がもてる。
バトルシーンで血飛沫っぽく闇が散る演出も地味に良い。
主人公の演技がアカニンジャーばりにヒドいけど、まあそれは仕方がないだろう。
(ヒドイ演技といえばゴセイレッド、アカニンジャー、要潤が三傑で、仮面ライダーゴーストを含めて四天王ということになるだろうか。後に大成した要潤が勇気を与えてくれる)


・ごちうさ
★★★
相変わらず日本なのか異国なのかよく分からない世界観。
それはともかく相変わらず心がピョンピョンするクオリティ。
OP/EDは1期がシンプルでおしゃれな感じだったのに対して、今度はかなり萌えを前面に押した感じ。
こいつはスゲェぜ!(例の声)


・ゆるゆり さんっはいっ
★★★
わりと間が空いての3期目だけどノリは全然変わらず。
日常系ギャグは変わらないのが正解なんだろうな。
あかりちゃんがヒドい目にあうと心が安らかになるな。


・コンクリートレボルティオ
★★★☆
昭和後期~平成までを含んだ架空の年号――神化時代を舞台に超人が実在する社会の中で魔女っ娘や宇宙人や怪物などの昭和ヒーローたちが、その後の平成という時代でどうなったかを描いた力作。
昔の牧歌的で能天気だったヒーローたちを、現代社会に実在する存在として描きなおすという手法はウォッチメンやミラクルマンといったアラン・ムーアの手法を思わせる。
最初スムーズに時系列が変わるので頭が混乱するけど(キャラデザもあまり変わらないし)、昭和編のゲストキャラのその後が描かれるエピローグのようなものなので、それを念頭に置いておくと一話で綺麗に完結していてむしろすっきりする。


・おそ松さん
★★★
猛烈なツッコミとパロの嵐が銀魂を彷彿とさせる。
超越的で理不尽でスラップスティックなノリはある意味、正しく赤塚不二夫をリスペクトしているといえなくもない。
映像のレベルは高く、センスの高いOPなんか見てるとノイタミナかと思う。
悪くはないけれど意外と突出してもいない感じだった。


・すべてがFになる
★★★
犀川先生がイケメンじゃないのが逆に新鮮。あとOPのあまりにポップで明るい雰囲気も意外。
なんかこう、いままでのイメージを色々と覆してくる作品だ。
一話の時点でまだ島に行ってないけど、もしかしてこれ本当にタイトル通り『すべてがFになる』だけのアニメ化?


・櫻子さんの足元には死体が埋まっている
★★★
ホラーテイストかと思ったら、ややライトめのミステリーだった。
淡々とした大人な雰囲気のすべてがFになると比べて、推理シーンで人物が現場を共感したりなど表現はアニメ的。
またすべてがFになるが一冊一クールなのに対して、本作は一話完結。
ミステリーアニメが一クールに重なるのも珍しいけど、これほどはっきりアプローチが違うというのは面白い。


・お嬢様学園に庶民サンプルとしてゲッツされた件
★★
取りあえずタイトルに拉致が使えないからといってゲッツに差し替えるのは猛烈にダサいと思う。
でもCMとかPVにゲッツ板野が登場しているのは悪くない。ベストな選択。
クソつまらんほどではないが、全然面白くもない。
画のクオリティも凡庸。


・牙狼
★★☆
中世騎士に続いて今度はネオ平安時代。主人公はお馴染み源頼光。
鬼を討伐したばっかりに後世でホラーと戦ったりアクションゲームになったり、うっかり歴史に名を残すと大変だにゃー。
作画クオリティはちょっとイマイチ。ストーリーもいまのところ特筆すべきところはない。後半に期待。
しかし前回は小林靖子で今回は會川昇・井上敏樹と、アニメになっても脚本は特撮畑なのが興味深い。


・小森さんは断れない
★★★
身長とおっぱいの大きな小森さんが、頼まれたことをするという、ただそれだけの内容。
この作者って基本的に内容はないんだな。まあ五分アニメなので別に起承転結やオチはいらんのかもしれんが。
たぶん冬に同級生に頼み込まれてファックされる同人誌が出るんだろうなぁ。


・ルパン三世
★★★☆
絵柄もシナリオも嘗てのTVシリーズほど軽くなく、峰不二子という女ほど重くなく、非常に良いバランスのルパン。子ども向けではない、しかし大人向けと開き直ってもいない、初期ルパンの先祖がえりみたいな作品。
アイキャッチのルパンルパーンとか、TVシリーズを意識してるのだろうし、実際お昼にやってても違和感ないすごくいい作品。
ただこの絵柄でコナンと共演は出来ないだろうなぁ。もしかしてそれがゴールデンで出来ない理由だろうか?


・特撮ピーポウ
★★☆
心がぴょんぴょんした後に、まさかマグマ大使や電人ザボーガーなどを見せられるとは、平成の世は恐ろしい。
スペクトルマンが普通に面白くて驚いた。
公害対策局に突然おしかける主人公とかクレイジーな展開はままあるんだけど、公害をストレートに扱ってたり、怪獣造形が良かったり、いまでも十分通用する内容だ。
あとゴリラ宇宙人のインパクト。日本にもかつてはこんなに豊かなゴリラ文化があったのか。ゴリラ先進国であるアメリカで人気なわけである。

・アニトレ
★★★
いっしょにトレーニングを思いだした。
五分アニメなのでちょっとトレーニングしてやるかという気になってもいいし、薄着でトレーニングする女の子に萌えても良い。
作画は中の上って感じで悪くない。露骨なエロもなく、腹チラ腿チラのフェティッシュを貫いているのも潔い。
5分アニメって脚本やアニメを云々する余地がほとんどないから、こういった目的特化型の方が相性良いのかもしれん。


・ハッカドールズ
★★★☆
パロディの嵐でおそ松さんがやらかしたことを考えるとちょっと不安になる。
まあBS作品なのでセーフなのだろう。
良質な作画と小気味の良いOPで、思った以上に良作。


・温泉妖精ハコネ
★★
五分アニメだが、さして絵が良いわけでなく、話にもフックがない。


・へヴィーオブジェクト
★★☆
なにも大したことが起こらない一話。
物語後半のシーンをアバンに持ってくるスタイルが嫌いなので、そういう作品が少なくなったのはいいけれど、だからといって一話になんのフックも用意しなくても良いというわけでもない。
ライバルキャラ風に言うなら「こんなフックのない一話を作るなんてよほどの自信があるのか、それか単なる馬鹿だ」
スポンサーサイト
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。