ウィッチャー3:ワイルドハント


★★★★

いやぁ面白かった。
オープンワールドというとベセスダのゲームしかしたことなかったけど、それとはまた違った面白さがあった。



以下、本作およびメタルギアTPPのネタバレがあるので注意。







正直、最初はとっつきにくかった。
エルダースクロールシリーズみたいに独立した話じゃないから、最初っから色んな人間関係が存在してて、シリーズに触れたことのない人間には(大半の日本人はそうだろうが)ちょっと置いてけぼり感があった。
とはいえ進めていくうちに話や世界観は分かってくる。

ゲームシステムについても、カウンターや印などアクションが豊富だったり、回復アイテムが徐々に回復するものだったり、作成した霊薬や爆薬は使い切りではなく瞑想で一定数が補給されたり、色々といままでゲームと違ってて慣れるまで時間がかかった。
(特に霊薬と爆薬は最初っからバンバン使ってれば、もっと楽だったのにと後悔)
しかしこちらも慣れてしまえば楽しい。
ただ敵が一定の範囲から出てこないとか、敵に気付かれないように殺すみたいなのが出来ないのは残念。

ストーリーは主人公の個性が立っているのもあって、他のオープンワールドと比べて非常にしっかりしてる。
特に後半、ワイルドハントの軍勢と戦うために協力を要請して回るところが熱い。
つまりオープンワールドの中でたくさん寄り道をして、色んな人間と友好関係を作っておくと協力してくれる人が増えるというのが、まさに自分の決断・選択・冒険が物語に影響を及ぼすという点で非常に面白かった。
オープンワールドというゲームシステムが、仲間と協力して敵と戦うという物語性と結びついているのが楽しい。

余談だが同じくPS4のオープンワールドゲームであるメタルギアソリッドTPPも、ゲーム内でのアクションが物語と結びついている。
こちらの場合は物語の結末や展開に変化があるわけではないけど、物語の持つ意味合いが変わってくる。
つまり伝説的英雄であるスネークを操作するプレイヤーが、序盤は下手クソで後半は上手くなっていくのは、スネークが実は本当にプレイヤー自身だからであり、そのプレイの上達が彼をビッグボス足らしめただという、虚虚実実とした物語性と結びついているのだ。


とっつきにくいながらも日本で賞をとるほど人気が出たのは喜ばしい。(とっつきにくいのは製作者側も分かっていた様子だけど)
PS4でなにを買うかと問われれば、これとメタルギアは鉄板だと思うな。
スポンサーサイト
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード