スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻のバーガーキング


"
それは今年の春の話だ。
といっても、まだ肌寒い頃合だったと思う。

なんばに映画を見に行った折、まずは腹ごしらえとTOHOシネマズ付近の商店街をとぼとぼと歩いてみた。
するとそばの角を曲がったところで、関西では珍しいバーガーキングを見つけた。

少し話が変わるのだが、俺はなんばに行くとよくマクドナルドに行く。
それは取り立てて好物というわけではなく、オタロードで馬鹿みたいに買い物をするため小休憩が必要だからだ。いうなればショバ代である。
だからといって別に不味いと思ったことはない。
味でいえばモスが上だろうけれど、モスよりはマクドナルド派だ。
購入した本を読みながら食べるには、あのやや安っぽい味のほうが合っている。

そういう経験もあって、俺の脳内にはなんば=ハンバーガーという公式が出来ており、隣りの金龍に気を引かれながらもバーガーキングに入ることとした。
注文したのはノーマルなワッパー。
席に座って食した俺の脳みそを電流が走った。

……美味い。

ガツンとくるような、「肉ッッ!!」って感じのパテと、それに負けないもっちりとしたパンズ。マクドナルドのパサっとしたパテ&パンズとまるで違う。
サイドメニューのポテトには+100円でチーズがかけられていた。これも美味い。モスのようなホクホクのお芋味ではなく塩たっぷりのジャンクなお味。しかしマクドナルドのようにへにゃっとはしておらず、カリッと揚げられている。
「これだ! これが俺の求めていたジャンクフードだ!」
今度からはここで小休憩しよう――俺はそんなことを考えた。

それから二週間後。
俺は再びなんばを訪れていた。
そしてバーガーキングを訪れてみたところ――。
ない!?
角を曲がった先、金龍の隣りの店舗は丸亀製麺だった。
何故だ、二週間前は確かにバーガーキングがあった筈なのに!
しかしありえない話ではない。大阪では人気のない店舗はすぐになくなる。バーガーキングもまた売り上げが芳しくなかったのかもしれない。
俺は世知辛い現実を飲み込むと、金龍でラーメンをすすった。イメージとは違って薄口だった。後に親父に尋ねてみると、あそこは酒飲みが〆に食べるラーメンだという。さもありなん。

しかし話はこれだけには終わらない。
先日、映画を見るためにまたまたなんばを訪れ、昼飯でもと期待を込めずに通りの角を曲がったところ。
あったのだ! バーガーキングが!
まてまて。それじゃあ前に見た丸亀製麺はなんだったんだ? 丸亀製麺は幻なのか? それとも今見ているバーガーキングが幻なのか? 次に来るとまた丸亀になっているのか?
まるでアウターゾーンに迷い込んだみたいな俺。ミザリーがどこかで解説してるのか?
俺は一つだけ真っ当な仮説を立ててみた。つまり俺は通りを間違えていただけで、丸亀とバーガーキングは別々に存在している可能性だ。
しかしその場合、金龍は同じような場所に、同じように角を曲がった三件目に店舗を構えているということになる。なんだそのトリックは。森博嗣のミステリーぐらいにしか出番はないぞ?

結局、謎は解けない。
まるで魔法にかけられたような気分である。しかし俺に魔法をかけて得するような奴いるわけがない。
……いや待て。いるぞ。
俺がバーガーキングに通うようになって損をしたやつ。しかもそいつは魔法が使える!
そうだ、ドナルドマジッ



日記はここで途切れている。



スポンサーサイト

パシフィック・リム


★★★★★

最高だー!!

もうメチャクチャ面白かった!
巨大ロボット! KAIJU! 
これほどの作品を見られる幸せ!

まずロボット。
こいつがいかにも鉄って感じで、CGっぽくピカピカしてなくて、むしろ錆とか汚れとかが見えるわけ。
これがもうロボット!って感じなの。

で、こいつがズシズシ動く。
これがまたカッコイイ。
巨大ロボットってのはさ、ただ大きいだけですごいの。素早く動いたりする必要なんてないの。
今川ジャイアント・ロボが初登場したとき、ただそれだけで窓ガラスが割れるよね。アレ。あれが巨大ロボットの醍醐味。

んでロボの主兵装はもちろんパンチなわけだけど、ジプシー・デンジャーには別の武装も格納されてる。
(以下ちょいネタバレ)

それがチェーンソード。
これ見て「チェルミナートルのモーターブレードか? チェーンソーか?」という俺の想像を、しかしギレルモ監督はさらに上をいった!
蛇腹のように連なる刃。鞭のようにしなり、連結し、一本の剣となる。

……ロボットアニメ監督の高橋良輔は三つの偉大な発明をした。
一つは杭打ちを武器にしたパイルバンカー。
一つは高速で地上を駆けるローラーダッシュ。
最後の一つは蛇腹のように分かれた刃が剣となる武器。決まった名はなくその外見から連結刃や蛇腹剣と呼ばれるが、登場作品の名をとってこうも呼ばれる――。

ガリアン・ソード!!
この世で二番目にかっこいい武器だ!(一番はパイルバンカー)
俺は拳を握った。笑みもこぼれた。

最高だった。

俺は実は怪獣に愛着はあまりない。
ゴジラを見たのはガキの頃であまり印象に残ってないし、ウルトラマンはさほど好きじゃなかった。
だから怪獣映画である本作を心から楽しめるかは不安だった。
しかしそれは杞憂だった。
これは怪獣映画であると同時にロボット映画でもあったのだ!
ロボットなら生涯を通じてずっと好きだったさ!
つーか日本男児の140%は怪獣好きとロボット好きだろ!(40%は両方好き)


爆発しか取り柄のないマイケル・ベイはこれ見てロボットを勉強してろ!
ごちゃごちゃしてるだけで、わっかんねえトランスフォーマー撮りやがってよ!
いや、ロボをCGにするやカチャカチャとせわしなく動かして、すごい映像ぶってるアニメ監督もこれを見ろ。
戦いってのは緩急なんだよ! 間なんだよ!

あと3Dでも見ろ! 撮影後に3Dにした偽物? だからどうした! そんなことで3Dの価値は揺るがん!
最前列で飛び出すイェーガーを見上げろ。それが映画体験だ!

吹き替えでも見ろ! アニメ声優との親和性を実感しろ! 熱演を浴びろ!
何度だって見ろ! 劇場という大スクリーンで見るからこその巨大生物なんだ! ディスクになってからなんて考えるな! 「ああ、こんなもんか……」って感じたら、それはスクリーンで見なかったからだと思え! お前は究極の感動を捨てたんだ! 後悔したくなければ見ろ!

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。