2013年春期アニメ 2

●とある科学の電磁砲 二期
★★★★
原作未読。前作視聴済。
今期有力候補。
劇中にパステルでポップな絵柄が挟まれたりして、前作よりも長井監督の味が出ていて良い感じ。
一話は掴みの話で、主人公コンビのバトルや、重要キャラの顔出し能力見せなど、要所をちゃんと押さえていて上手い。
今期から見てもいけるぐらい丁寧な一話。
安牌の一作。

●ヴァルブレイブ
★★★★
アニメオリジナル。
さすがサンライズといったクオリティのロボットアニメ。
たった一話でヒロインのキャラを立たせ、主人公の動機を生み出し、ロボットバトルを挟んで、主人公復活の謎という引きを作っている。
本当に無駄のない脚本。人間・ロボットともに作画クオリティも高い。
バンバンCMしていただけのことはある。
今期の有力作品。

●俺妹 二期
★★★☆
原作未読。前作視聴済。
前作通り、あるいは前評判通りクオリティの高い作品。
ネット配信回を含む再放送をしたのは、がっちり話が続いているからだったのか。
普通に分割二クールと捉えても良い。
安牌の一作。

●はたらく魔王様
★★★☆
原作未読。
Aパートは聖お兄さんみたいな異邦人ギャグものだったのに、Bパートではすっかり魔王が生活に適応しちゃってるという。
小市民的悪の組織という意味ではサンレッドに近い作品。
視聴者のツッコミ待ちの作りで、ギャグアニメとして普通に面白い。
現状では萌え要素が薄めなので、勇者がどれほどのヒロイン力を発揮するかに期待がかかる。

●アキバレンジャー
★★★☆
前作未視聴。特撮。
絵コンテを含む未完成のOPに未完成の歌。作品と同じく悪ノリな一作。
一話はほとんど総集編だったけど、思わず一期が見たくなる。
デカとボウケンは個人的に大好きだから。
二期もどんどん本家と絡んでいくようなので期待。
でもこれ、ほとんど非公認ではないよね。

●めしばな刑事タチバナ
★★★☆
原作既読。ドラマ。
原作通りおっさんがおっさんとB級グルメな話をするおっさんドラマ。
番組の尺に合わせて一巻のそばとカレーカツ丼のエピソードをうまくまとめている。
タチバナが本当に立ち食いとか好きそうなおっさんなのも良い。仏ビームとか出しそうだけど。

●変態王子と笑わない猫
★★★
原作未読。コミカライズ既読。
キャラは可愛い。声優の演技と画面的演出で、建前と本音の差が上手く表現されているのも好印象。
ただギャグが弱いせいだろうか、なんとなく盛り上がりに欠ける感がある。
今後テンションを上げていけるかがポイントになってくる。

●俺の青春ラブコメは間違ってる
★★★
主人公がちゃんとダメな感じの性格と外見をしているところや、早見さんのSボイスなどが見所。
ラブよりもコメディ寄りだが、コメディだけで押すにはちょっと弱い感じ。
素材は良いので今後の話の展開に期待。

●アラタカンガタリ
★★
原作未読。
イケメン+異世界という作風がなんか少女マンガっぽいなーと思ったら、原作はふしぎ遊戯の人だった。
そうして見ると、骨子の部分はふしぎ遊戯と重なる部分も多い気がする。
うーん、しかし萌え力(ちから)も弱いしあまり惹かれない。ふしぎ遊戯は見てたのに。
アニメを数話で切ることを覚えてしまったいま、どんなアニメでも見ていた純粋な俺はいなくなってしまったのだ……。(週20本ぐらい観ているやつの妄言)
スポンサーサイト

2013年春期アニメ


●ヤマト2199
★★★★★
前作視聴済み。
今期の大本命。
映画で公開しているOVAシリーズだが、家族で見たりTwitterで盛り上がったり出来る地上波放送には、また違った魅力がある。
一話が鉄屑のヤマト発見までと、TVシリーズを踏襲しているのも素晴らしい。
話の筋は変わっていないのにどうしてこんなにワクワクするのだろう。
ただ主題歌が大人数で一斉に歌っているせいでゴチャゴチャしてしまってるのは勿体無かった。参加歌手は豪華なのに。

●翠星のガルガンティア
★★★★
アニメオリジナル。
虚淵玄作品ということで今期有力候補の一つ。
宇宙生物と戦っている軍のパイロットが、レトロフューチャーな海上都市へと流れ着く一話。
つまりこれはSF設定での異界漂流ものなのだ。
ジャンル視点から見ればスペオペから牧歌SFへ流れ着くというふうにも取れる。
話の流れも面白いけれど、絵のクオリティも高く、ハナハル女の子は抜群に可愛い。
幅広い層で楽しめれそうな作品。
後半で人死にがバンバンでなければだが!

●デビルサヴァイバー2
★★★★
今期のアトラス枠。
P4に続いて岸監督ということで有力候補の一つ。
アイキャッチがキャラクターのプロフィールだったり、OPにStoryあらすじがあったりと、P4でも培われたゲーム的演出が面白い。
作画も良いし話も面白いしで言うことなし。あとヒロインの胸が豊満である。あからさまにおっきいですよって感じに揺らしたりしないところが淫靡で奥ゆかしい。素晴らしい。

●進撃の巨人
★★★★
原作既読。
OPからして「これはとんでもないぞ……」と思わせる立体機動の超絶クオリティ。
話のテンポが一話で巨人襲撃までと大分ゆっくり。
製作陣が腰を据えて、じっくり描写していこうという方針が感じられる。
モバイルゲームの興醒めなCMがなければ最高だったのに……。(アニメとばっちり)
今期の有力候補の一つ。

●悪の華
★★★☆
原作未読。
なんなんだ、これは。
映画のようなクオリティ。実験アニメのようなテイスト。心がザラつくようなED曲。
これは単なるサブカル系萌えアニメ化じゃない。もっと、心の底にあるものを引っ掻くような、こわい作品だ。
ロートスコープという特殊な技術を使用しているとは聞いていたけれど、まさかこれほどとは……。
面白いとかどうかはまだ判断出来ないけれど、少なくともこれは今期で一番“すごい”作品である。

●マジェスティックプリンス
★★★☆
テレビオリジナル。
平井絵がギャグ顔をしまくるのが新鮮。
ロボットにそれぞれ特徴があって、見せ方が違うのも楽しい。
意外と普通に面白かった。
二話以降どうなるかに期待。

●アザゼルさん
★★★☆
原作既読。
いきなりオープニングがもっさんになっているという、かつての苺の戦士を思わせるノリに安心を覚える。
目をつぶってても楽しめるような声優の演技も相変わらず。もちろん作画レベルも安定してる。
ただOPに出ている変態十一面相エピソードがアニメ化されるかが不安。
あの話は最高に面白いので是非映像化してほしいんだけど。

●ニャル子さんW
★★★
原作未読。一期視聴済。
相変わらずのライダーパロディとディープなクトゥルフネタ。
一期に比べて作画が良くなったような、動きが良くなったような気がする。
やはり予算が上がったのだろうか。
ニャル子さんがとにかく可愛かった。
けど特撮ネタクトゥルフネタが通じない人だとどんな評価になるのだろう。

●ゆゆ式
★★★
原作未読。
芳文社系ゆるかわギャグアニメ。
全然予想してなかったけど、普通に面白かった。
デフォルメされたキャラクターは思いのほか可愛いし、画面にちらちら映る黒タイツはエロいし、ギャグもほっこりクスリとなる。
個人的にダークホース。

●波打ち際のむろみさん
★★★
原作未読。
絵を一目見て「いやいや、これはないわー」と思った自分を反省。
テンポの良いギャグと、田村ゆかりのネイティブ方言にノックダウン。
可愛いし面白い。
~さん枠はどちらも大当たりであった。

●GARO
★★★
前作視聴済。
キャスト/スタッフを一新した新シリーズ。
舞台はSFチックな未来都市――ボルトシティとなっており、ホラーの見せ方やGAROの振る舞いも変わっているので、思いのほか雰囲気は違っていた。
監督は横山誠さんなので、生身のアクションはさすがなんだけど、ストーリーは謎が多くいまのところなんとも言えない。
今後盛り上がっていくことを期待。

●ムシブギョー
★★★
原作既読。
エロい。
もともと原作も少年誌らしい明るい色気に満ちていたけど、アニメはなんかこう、業が深いな。暗喩というかトラップというか。
(女の子が白いねばねばした体液をぶっかけられたり、指でベトベトさせたり)
BD/DVD特典でむらかみてるあきが監督したショートストーリーを追加してくれ。
いやまあ、エロ要素を抜いても実に少年漫画らしい話であり、アニメも雰囲気を再現しているので普通に良い出来ですよ?

●断裁分離のクライムエッジ
★★★
原作未読。
髪フェチが髪切りたくて幼女に迫る変態アニメ。
なんか一話で綺麗に終わってしまった感がある。
二話以降は中二バトル化していくっぽい?
作画レベルは高かったし、吐息描写もエロかったので期待。

●デートアライブ
★★★
原作未読。
異世界の精霊とデートする話?
一話では色々と分からない部分が多すぎ。
キャラが登場するたびにプロフィールが表示されるのはゲームっぽくて好きだけど。(ぱにぽにであったやつみたいな)
女の子はかわいい。ただ戦闘描写が単調であまり面白くなかったのが欠点。今後化けるか?

●あいうら
★★☆
原作未読。
キャラは可愛いし作画も良いんだけど、いかんせん時間が短すぎる。
30分番組の冒頭二分を見せられたような気分。
高クオリティ3分アニメでは、前期のヤマノススメがあったけれど、一応オチのあった向こうと比べ、山も谷もオチもない。
キャラが可愛いだけにかなり勿体ない作品。

●百花繚乱
★★☆
原作未読。
前作はちょろっとしか見てないので話の筋が分からなかった。
ただヒロインが既に全員勢ぞろいしている状態なので、一期よりもとっつきやすい印象ではある。

●ファイヤーレオン
★★☆
オリジナル特撮。
ブシロード製作なのでミルキー(三森すずこ、徳井空)がメインキャストにいたり、新日のプロレスラーがゲスト出演するのが特徴。きっと最終回は棚橋が出演することだろう。
特撮の出来としてはB級で、演技も演出も大分残念な感じ。見所はヒロインよりも可愛いみもりん。
特撮ファンというより新日ファン、ミルキーファン向けか。
特撮ファンで新日ファンでミルキーファンなので見るけど。
本家ミルキーのような突然変異的に化けることを期待。

●レヴィアたん
★★
モバゲー原作?
作画クオリティは低くはないが、しかし高いというレベルでもない。
キャラは可愛くないとは言わないが、萌えるという程でもない。
脚本はつまらなくはないが、盛り上がりもしない。
全体的に作りがゆるい。
つまらなそうでつまらなくない、ちょっとつまらないアニメ。

●北斗の拳DD
★☆
原作未読。
替え歌のOPとか、リュウケンの声優が神谷明とか、どれも出オチすぎる。
最初の一口だけ美味しい料理みたい。
六時であれば子どもが見るだろうに、大地丙太郎がもったいない。

最終回評


●ジョジョの奇妙な冒険
★★★★★
最終回の最後の最後まで最高のテンションを保った今期最高傑作。
あえて不満を言うなら、すぐに三部を発表しないことぐらい。
いやもう、あれ絶対作るだろうけどさ!

●サイコパス
★★★★☆
色々な余地――続編やスピンオフの――を残しながら、『槇島事件』として綺麗に終わっている。
エピローグも一話に繋がっていてなるほどと思わされた。
期待通りの面白さ。

●ガルパン
★★★★★
相次ぐ総集編と最終回延期を除けば最良の作品。
これだけの数キャラがいて、おおむね個性が立っているんだからすごい。
どっかのビビッドは見習うべき。

●スマイルプリキュア
★★★★
ハトプリに次ぐ面白さ。つまり歴代二位。
キャラクターの個性がそれぞれ際立ち、かつストーリーに組み込まれ、ブレることもなかった。
れいかVSジョーカーとバッドエンドプリキュア戦は白眉の出来。

●イクシオンサーガDT
★★★
序盤のエレクのアレの喪失と帰郷あたりが物語の最高潮で、それ以降は色々と脱線して迷走していた感はあるけれど、最終回はすっきりした終わりだった。
結局ラスボスも舌先三寸で倒すところは、アンチファンタジーなノリがあって良かった。
あとネイサンのアレが伏線になっていたことは衝撃的。誰に想像出来ようか。
最後の別れもすごく綺麗だった。
目覚めればいつもの部屋。モニターに映るゲーム画面は夢の続きのよう。けれど頬に残った痛みが教えてくれる。あの波乱の日々を。たった一夜の少年の大冒険(ファンタジー)を――。
あれ、オレ騙されてる?

●ささみさん
★★★
脇道にそれてるときは面白いのに、本筋が進むとイマイチになっていった。(特にアラハバキが絡む後半)
1~5話あたりのノリをずっと続けてれば良かったのに。
なば母さんは良いキャラしてたけど。

●俺修羅
★★★
最萌あーちゃん登場により後半に加速。
戦力の投入が遅かったことが悔やまれる。
あとこの作品に限ったことではないが、ヒロイン一択のラブコメルールには不満。

●ノボティクス・ノーツ
★★★
原作通り後半四話の盛り上がりが大きかった。
逆に言うとそれまでの話がやや弱いのがあるが、これも原作通りなので仕方ない。
海翔の親父のエピソードが抜けてたのは惜しい。
逆にラストバトルは原作ほどスローモーを使わなかったり、ミサ姉の意識切り替えを演出してたり、海翔VSミサ姉になってて良かった。

●たまこま
★★★
最終回だからといってカタルシスはなかった。
徹底した日常系アニメ。すごくグレードを上げたサザエさんのような作品。
カワイイ娘を見てほっこりアニメなので、これはこれで正しい。

●まおゆう
★★★
前評判通りのクオリティを保っていた。
ただ最後の『あなたがたの応援次第で二期を作りますよ!』感がちょっとよろしくない。
着地のミスが惜しい。

●リトルバスターズ
★★★
世界の謎については二期に持ち越し。
個々のキャラクターのエピソードを回収することに傾注したのは良い判断だった。
エピローグでOP曲が流れるのも良かった。

●マギ
★★☆
終わるように終わった印象。
二期もあるしこんな感じか。
シンドバッド王はチートすぎ。

●ビビッドレッドオペレーション
★★
前評判から二話ぐらいまでが最高潮だった。
最初のテンションを一クール保てなかった。
途中作画が疲れてきたのも残念。
正当魔法少女戦隊ものであるプリキュアと比べても大分見劣りがする。

一日限りの愚者の狂宴(エイプリル・フール)


今年もまた非常に面白い一日だった。
特にTYPE-MOONのおかげで一日中PCの前に張りつく羽目になってしまった。
いやまあ、途中で映画見に行ったりはしてたんだけど。
以下に個別感想。


■路地裏さつき ヒロイン十二宮編(TYPE-MOON)

とんでもなかった。

例のアレをパロった12+1のショートストーリーなんだけど、奈須きのこや東出祐一郎らの書き下ろしシナリオに、ufotableやワダアルコらの書き下ろしイラスト、次回予告は南央美で、animateTVまでラジオを連動させたり、とにかく規模の大きい内容だった。
オタク界の巨大な山たるTYPE-MOONが本気を出したらどうなるかということを、まざまざと見せつけられた気分。
今年一番はここで間違いない。


■スーパー混沌大殲(Nitro+)

登場人物全てナイアルラトホテップということで、よくもまあメディアも会社も越境して集めまくったものだと脱帽。
Lairsoftとかにゃる子さんとかは分かるとして、まさかワイルド・アームズがいるとは。(しかも書き下ろし)
内容が凝ってるというわけじゃないけど、これだけの縁を取り持つというのは並々ならぬ労力だろう。
自社の関係各所を総動員したTYPE-MOONとは好対照。


■釈迦堂さん純愛ロード(みなとそふと)

当日限定のゲーム配信も、最近では珍しくなくなったとはいえ、さすがにここは気合が違う。
wagiさん書き下ろしのキャラクターに藤原啓二・花澤香奈の二大豪華声優の出演という、採算ってなんなのレベルの一作。


とまあ、飛び抜けてたのはこの三つか。
他にもジョジョとかまどかとか俺妹とかガルパンとかをパロしまくったageとか、全キャラなめこになった英雄戦記とか、嘘ネタバレキャラトークの劇場版シュタゲとか、とにかく今年は堪能させてもらった。

しかし年々規模が大きくなっていってるな。
イマイチ流行らないハロウィンに比べ、ネットにおけるエイプリルフールの普及率といったらどうだ。
もうオタクはコミケみたいに、この日を自主休日にしなければならないな。

野崎まど劇場


★★★☆

これは卑怯。

裏表紙からカバー裏まで本当に色んな短編をぶちこんだ実験的ギャグ短編集なんだけど、もうこれ、なんだ、完全に無法地帯。
なにせ最初の一篇からして2chの記号ネタみたいな西部劇だし。没ネタまで収録してるし。
あとラーメン繁盛記に大爆笑。これ画像の横にセリフのふきだし入れたら、もう完全に銀魂じゃねえか!

ラノベと一般文芸の壁が薄くなっている現代でこそ読みたい一冊。
一般紙では決して出来ない作風って俺は好きだな。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード