スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしとうみねこに仕掛けられたもの


いまさらの話。
あるいはいまだから言ってみる話。


まず『ひぐらしのなく頃に』というゲームのジャンルは、ミステリーでもホラーでもなくメタフィクションである。
でもメタフィクションをうたっちゃうとネタが割れてしまうので、ミステリーを名乗ったわけである。ミステリーとメタフィクションは親和性の高いジャンルだからだ。(竹本健治のウロボロスシリーズなど)

しかし発売当初はミステリーとホラー/スプラッタの面ばかりが取り上げられた。
もともとそこが作品のフックではあったので、作者もその流れに乗ったのだろう。
正解率1%というミステリー的なコピーからそれが伺える。
(これは本来、鬼隠し篇の段階で送られた答えが100通あり、一つだけ正解だったことに由来する。が、この段階で正解に達しても、それは推理力というより想像力というべきだろう)

ひぐらし否定の文句の一つに「真面目に推理してたのが馬鹿らしい」というのがある。
これはメタ的世界観(おやしろ様の実在含む)への非難だが、これに対しては最初から「祟りか、殺人か」とコピーしているのでちょっと筋違い。
(想像力を働かせればわざわざこんなコピーがあることの意味を考えるべきだろう。まあそれを万人に求めるのは酷だろうけど)
ちなみにこのコピーは発売当初、唯一このゲームがメタ要素を含むことを示唆する一文だったと考えられる。


ひぐらしは完結後もミステリーとホラーというキャッチーな要素ばかりが取り沙汰されてしまった。
アニメの放送が事件の影響で中止になったことも、ひぐらしのスプラッタな面を余計に助長したということもある。

うみねこは明らかにそれを反省したものであり、作品の初期からメタ的な作りをしている。
ただ作品完結前という早期に(メタに不向きな映像メディアの)アニメ化をしてしまったこと、またアニメでもスプラッタ要素が強調されたため、メタ作品としての当初の方向性を全うすることは出来なかった。
(ただしこれはあくまでアニメでの話。こっちの原作ゲームは未プレイなので、もしかしたらゲームは綺麗に終わっているのかも)


ひぐらし/うみねこはあまりに作品が巨大になりすぎて『同人なんだから好きなことするよ!』というエクスキューズが出来なかったことが作者にとっての不幸だろう。
法人としてファンサービスというスタンスが明確なTYPE-MOONや、営利化を避け徹底的に同人している東方と比べて、この作品と作者は難しい立ち位置にいる。



なお作者の竜騎士07氏はいまは非電源系という、同人らしい土壌でゲーム作りをしている。
色々あって疲れたんじゃなかろうか。

スポンサーサイト

ねらわれた学園


★★★

なんかエロいってことがやけに取り沙汰されているけど、「きゃー、いやー」的な露骨なエロはほぼ皆無。
ヒラリとするスカートの動きとか、チラっと見える健康的な太ももにフェティッシュなエロティシズムを感じる人にはオススメ。

話としては真っ当で一直線な青春SF恋愛映画。
原作が眉村卓だからか、(ガジェットは現代的なのに)ちょっと昭和的というか、古き良き雰囲気がある。
細田版ときをかける少女的な。

ストレートに学園青春してるから、スタドラみたいなのが好きな人にもいいかも。
制作、サンライズだし。

映像面に関しては全く文句なし。
美術/背景はただ美しいだけじゃなく、どことない郷愁があって、それが学生という懐かしい時代の空気とリンクしている。
キャラクターはチョイ役の同級生ですら可愛いし、頬がよく赤くなるので濃い目のチーク好きの俺大歓喜であった。

あとヒロインの声がAKBの人(世間で言うまゆゆという人)なんだけど、演技的な違和感は全くない。
エンディング曲も歌ってるんだけど、こっちはAKBっつーかおにゃんこな感じ。
昭和的郷愁の香る映画の内容にピッタリだった。
ちなみにオープニング曲はsupercellで相変わらず素敵。

ただあえて瑕疵を挙げると、ヒロイン二人の心情描写に比べて、男連中が放って置かれてる感があること。
好きになって、忘れようとして、でも好きで――みたいな恋愛の葛藤がヒロイン側しか描写されてないので、後半の展開がちょっと唐突に思えなくもないかも、知れない。
学校生活の描写もやや少ないし、一クールアニメだったらもっと良かったんだろうなあ。

全体的に非常にクオリティの高い、青春SF恋愛映画だったんだけど、入場者特典のサイン入り色紙がイケメン転校生だったので☆マイナスとする。(理不尽)
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。