2012秋アニメ 2

・マギ
★★★
原作未読。
良好な作画、綺麗なプロット、テンポ良いシナリオ――非の打ち所のない五時アニメ。
なんとなくハガレンめいた印象。
安心の作品。


・BTOOOM!
★★★☆
原作既読。
冒頭の随所に見られる井上淳哉リスペクトに製作者の愛を感じて好印象(天往生→大往生。おとぎ~→おとぎ奉り)
最初の敵(チンピラ)の声優が高木渉というのがグッドチョイス。まるで洋画のようなノリ。

・神様はじめました
★★★
原作未読。
作画は綺麗だし、キャラも可愛い。ギャグのテンポも良くて、流石は大地丙太郎。
ただ昔なら六時からやってた系のアニメで、深夜放送枠として苦労しそう。
今だとこどちゃとかフルバとかも深夜でやってたのだろうか……。


・コードブレイカー
★★★
原作未読
炎を出す異能力者の主人公が、法で裁けぬ悪を討つというストーリー。なんだろ、この謎の発火能力者(ファイヤースターター)ブーム。
作画(というか塗り)がCG臭いというか、やや野暮ったくて深夜アニメって感じがしない。(作画が悪いわけじゃないんだけど)
昔やってた探偵学園QとかGetBackersと同じ感じ。マガジン作画と呼称しよう。
一話としての内容は悪くなかったけど、どう転んでいくのかは不明。
深夜アニメっぽさのないのがむしろ弱点のようにも。


・金魂銀魂
★★★☆
原作(一部)既読。
捏造OP/EDに番組表まで捏造という、まあ流石銀魂スタッフ。
金時が中村悠一なのも、ラジオとかで二人の関係を知ってると余計に笑えてくる。

しかしサンデーもジャンプも夕方枠を持ってるんだよな。マガジンェ……。


・ジョジョの奇妙な冒険
★★★☆
原作既読。
言わずと知れた名作漫画のアニメ化。
話の展開や絵柄はさすがにやや古臭く感じるが、逆に考えるとそれだけ忠実にアニメ化してるともいえる。
特に作画は背景にいたるまで原作っぽい。声優も違和感ないし、話のテンポもすごく良い。
擬音表現は無理して使わんでもと思わなくないが、くどい演出をしてはいないので肯定否定を問わず気にはならない。
もう何話か見ないと分からないが、期待はかなりできる。


・リトルバスターズ
★★★
原作未プレイ。ラジオ視聴済。漫画版既読。
作画も良いしキャラも可愛いのだが、なんだろ、ちょっとストーリー運びが盛り上がりに欠けるような。あるいは演出がメリハリに欠けるのか。
まあ切るほどではないけれど。今後の盛り上がりに期待。
OPは何度聞いても良い歌。ゲームはしたことないけど歌はほんと好き。


・好きっていいなよ
★☆
原作未読。
友達のいないぼっち少女がイケメンに友達宣言されてっていう、ちょっと男には理解しかねる感じのストーリー。
まあこの男女逆verが男性向け漫画にもあふれているので、少女漫画だからどうってわけでもないんだろう。要は個人的趣味。
冒頭から「彼氏いない歴何年?」「どうせ16年でしょー」というイジメのシーンに心が折れる。こちとらこの歳まで彼女なんていねえよ。
そのあとモテモテで困っちゃう系主人公が現れて完敗。これは見れない。


・ToLoveる
★★
原作未読。
今期のエロアニメ枠。その名の通り真っ黒なシーンが盛りだくさん。もちろんグリプス戦役なみにビームも飛び交います。
つかこの規制、明らかに過剰だよね。製作者側が面白がっているのか、DVD/BD販売戦略なのだろうけれど。
絵は悪くないし、声優の演技も良いので、想像力を逞しくすればエロアニメとして楽しむことは可。


・ヨルムンガンド PO
★★★
二期作品なのであまりコメントがない。
安定したクオリティ。
安心枠。


・孤独のグルメ 2nd season
★★★★
原作既読。実写。
待望の関西放送!(1stは首都圏と北海道しか放送していなかった)
しかも東西で時差がないので実況にも対応可能。もしかしたら今期で一番楽しみにしてたかもしれない。
一話は原作の赤羽回がベース。とみせかけ、クリームあんみつを食べるという不意打ち。
その後の食堂でもみょうがの天ぷらをいい音させながら食べたり、塩ダレ豚肉炒めを白ご飯にかけたり、夜食テロの二つ名は今作も健在。
「ありだあり。ありをりはべり、いまそかり」の名言まで飛び出して、全く地獄のように素晴らしい作品に仕上がっている。
あえて難点を言えば東西ともに中二病と時間がかぶっているため、みんなが可愛い萌えアニメを見ている裏で、いい年のおっさんが美味しそうに飯食ってるシーンを見るはめになるということだろうか。(関西ではふらっとKUZUMIと時間がぴったりなので虚しさ倍増である)


●お兄ちゃんだけど愛さえ~
★★★
今期の妹枠。(もはや一ジャンル扱い)
内容はタイトル通りであり、それ以上でも以下でもないラブコメディ。
エロゲでは珍しくないキャラ立ての妹だけど、アニメで見ると新鮮。つか原作者、もしかして元エロゲライターとか?
絵も可愛いし、今期の萌えアニメ枠としては押さえていて損はなさそう。


●ガールズ・パンツァー
★★★
今期の美少女ミリタリー枠。
家が戦車一家だけど過去の出来事で戦車を敬遠してる主人公が、友人と一緒に学校で戦車を学んでいくという――まあいまさらこの程度のあらすじで驚きはしない。
絵柄は可愛いしキャラも良い。最後の叙述トリックっぽいオチも嫌いじゃない。一話としては上々の掴み。今後の展開次第で盛り上がりそう。
ところでふと思ったのだが、このアニメの略称ってやっぱりギャルパンとかガルパンとかになるんだろうか?(スタッフ的に考えて)


●サイコパス
★★★☆
潜在的犯罪率が数値化された近未来世界での刑事もの。
製作者のコメント通り、ブレランっぽいというか攻殻っぽい感じ。
一話ではまだストーリーがどうとは言えないけれど、さすがはノイタミナ枠だけあって映像は綺麗。
それにしても今期のノイタミナはどっちもNitro+の息がかかってるんだよな。
いやそもそもギルクラだってNitro参加作品なわけで。もしかしたら村正がノイタミナでアニメ化とか十分あるかも。


●ひだまりスケッチ
★★★
続編も続編なのでコメントしない。安定。
全く余談なのだが三年生コンビが好きじゃない。
どうも俺は百合が全く受けつけないらしい。


●さくら荘ペット
★★★
タイトルがうろ覚えにもほどがある。

原作の淡い絵柄を再現していて画的に非常に良い感じ。
ストーリーを論じる段ではないが、キャラも立っていてストレスなく見られる。
今期、お兄ちゃんだけど~と並ぶ萌えアニメ枠。


●武装神姫
★★☆
オリジナル可動フィギュアが原作のアニメ。
いうなればホイホイさん。
作画は悪いとは言わないまでも普通。CGバトルもあるけれど、もとが美少女フィギュアだし、盛り上がりとしてはちょい微妙。
声優は人気どころが並んではいるけれども……。


●ロボティクス・ノーツ
★★★☆
原作既プレイ。
ノイタミナらしい高いクオリティ。
ゲームだと「ウゼェ…」ってなるアキちゃんがすごく可愛いのもアニメの力か。真のヒロイン、フラウの登場が実に楽しみである。
あと最近のアニメ全般に言えることだけど、話のテンポがすごくいい。
物語的には全然動いてないけど――つかそもそも物語の本筋までが結構かかる話なんだけど――これは十分期待できる。


●イクシオンサーガDT
★★★☆
こ れ は ヒ ド い。

言うなれば深夜版銀魂。高松監督に大和屋脚本という時点で察するべきだった……。
DTを連呼するOPに始まり、敵をED呼ばわりしたり、股間蹴り飛ばされた敵が片金になった(と思われる描写が予告にあった)り。
一応の原作ゲームがあるところなど、ある意味戦国コレクション』に通じる気もする。
つまりやりたい放題という意味で。
スポンサーサイト

映画 天地明察

★★
メディアミックスするとき大事なこととはなにか?
不明瞭な言い方になるが、それは『作品の勘所を外さない』ということだろう。
その作品がなにを伝えたかったか、ファンにとってどこが面白かったのか――それを外さなければ良いのであって、ストーリーやキャラクターなどは実は枝葉末節に過ぎないのだ。

それを踏まえて言うけれど……。


駄目だ、これ。


ストーリーの改変はやむをえない。もともとの作品が――文章も劇中時間も――長いのだから。
(実際二時間半もあって尺が全く足りてなかった)
いきなり碁で真剣勝負したり、えんの性格が柔らかかったりするのは――違和感こそあれど――作品として瑕とは思わない。
しかし二点だけ、どうしても納得出来ないところがある。


以下、ネタバレ注意







続きを読む

2012秋アニメ


・となりの怪物くん
★★★
クール系不機嫌少女と子犬系不良少年のガールミーツボーイなラブコメ作品。
いかにも少女マンガ的という感じのストーリー。
基本的には明るいラブコメなんだろうけど、少女マンガってほら……急に鬱展開とか来るじゃん? それが不安。
いや鬱展開が嫌いなんじゃないんだけど、恋愛の鬱ってボディに来るから。

作画ではなくキャラの感情のメリハリが可愛い。(もちろん作画も悪くはない)
色調も柔らかで十五年前なら間違いなくテレビ大阪18時でやってたであろう作品。
なんだか夏目友人帳と同様、深夜放送ってことでわりを食う気がするな。


・中二病でも恋がしたい!
★★★☆
中学時代、中二病(っつーか邪気眼)だった少年が、高校からはまともに過ごそうと思ったのに、ふとしたことで中二病(邪気眼)少女に付きまとわれる話。
可愛いキャラデザ、綺麗な作画、フェティッシュなアングルとさすがの京アニクオリティ。萌えアニメの最高峰といえよう。
ただし元中二病少年と現中二病少女のボーイミーツガールといえば、田中ロミオのAURAという偉大な先人がいるため、ついつい比較してしまいがちなのが難点。
現状で論ずるのは難しいがストーリーテーリングはAURAの方が上。こちらはむしろコメディ寄りか。
(なお元中二病現中二病ボーイミーツガールの名作に放課後のロケッティアというのもある。方向性は違うかこれも面白い作品)

声優は有名どころと無名どころが半々って感じか。
おおむねいつもの京アニっぽい。


えびてん
★★★

【審議中】
    ∧,,∧  ∧,,∧
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
| U (  ´・) (・`  ) と ノ
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'

いきなり聖闘士星矢のパロディが始まったと思ったら、本編が全て聖闘士星矢という、もう何を言ってんのか自分でも分からない。
メインストーリーは女の子だらけの天文部を舞台にしたコメディなのだろう。多分。
パロディはあるが大笑いするほどではない。
エロはあるがキャラが抜群に可愛いわけでもない。
なんとも評価がしにくい作品。

自分でもよく分からないんだけど、思いのほかパロディ部分が面白く感じなかった。(元ネタはばっちり理解してるんだが)
淫乱ピンクが大分エロかったので、そっち目的で見るのが正しい姿勢かもしれない。


・新世界より
★★☆
超能力が存在する超未来(といっても文明レベルは中世程度)の学園もの。
ジャンル的にはホラーとかサスペンスの感じがするけど、現状ではまだなんとも。
第一話とはいえ、とにかくストーリーが分かりにくい。(とはいえ別に世界観や概要が複雑なわけではない)
一話冒頭の雰囲気はすごく良かったんだけどなぁ。


・K
★★★
カラーギャングと公的機関が街で争っているというのが基本的な世界観設定。
制作会社がGoHandsなんでキャラデザから街の雰囲気からOPの字体まで、どれもこれもマルドゥック・スクランブルっぽい。
映像面でのクオリティは高いが、とにかくストーリーがよく分からない。

あと余談ではあるけど、この制作会社、学校の雰囲気を作るの下手だよね。
(『生徒会役員共』のときも思ったけど)
メインキャラ以外が書き割りめいてて、学校の喧騒とか熱気が感じられないんだよな。
逆に街の雑踏とかカジノとか、無関心で熱のない群集のシーンは上手いんだけど。

などと書いてると、脚本スタッフの一人が古橋秀之と判明。
なにそれ、もうこれだけで全話視聴決定なんだけど。


・絶園のテンペスト
★★★(☆)
行方不明の友人が魔法使いの弟子になって帰ってきて、妹を殺した相手を探して復讐しようとする。その一方で魔法使いは追放された島からの脱出を図り、世界では人間を金属化する病が蔓延し、謎の組織が暗躍する。
濃厚なストーリーをハイレベルな作画で見せてくれる良作。ストーリーの複雑な作品を立て続けに見た後なので、「そうそう、こういうのでいいんだよ」と呟きたくなる。
謎の多い作品だらけの中ですっごく爽やかな存在だ。

ただし原作が続いていることと、一クールであることを考慮すると、おそらく綺麗に終わることはないだろうと判断して-☆。

ところでギルティクラウンに続いての金属化アポカリプスものだけど、流行ってるの?
(元はバラードの結晶世界なんだろうけど)
個人的にはこういう設定には理由が欲しい。ファフナーとかアバタール・チューナーみたいに。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード