スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012春期新アニメ 2

『咲-阿知賀編-』
★★★
別高校を舞台にした番外編。
原作のほうも作画が違う。ただまあ、咲っぽいところはしっかり押さえてる。(超能力麻雀、口ばっか達者な敵、ほぼ痴女な服装)
本編キャラとの絡みがあったり、普通に咲として楽しめる作品。
あ、でも本編ほど必殺技が炸裂したりしないな。今後は変わっていくのかもしれんけど。

リンシャンしたらフリーズするとか。


『AKB0048』
★★☆
アイドル成長ものというのか、考えてみればそんなにないジャンルか。
あえて近い作品を選ぶとガラスの仮面。
少女漫画的な作品。

あるいはバトル成分を薄めたマクロス。
あ、でも、「ヘビ~ロ~テ~ション!」とか言いながら瓦礫を持ち上げてフォームチェンジするところは、ちょっとアクエリオンっぽかったかな。バカっぽくて。


『氷菓』
★★★
さすがは京アニクオリティといった作品。
キャラは可愛いし、絵も綺麗。
声優も阪口大助・中村悠一のクラナドコンビや、佐藤聡美に茅野愛衣とかなり人気声優を揃えてきている。
ハルヒ、らきすた、日常とあまり知名度の高くない声優を起用してきた京アニ作品には珍しい陣営。絶対に負けられないという意地を感じる。
ただメインであるところのミステリー部分が、アニメーションにしたときに分かり易く出来ているかはちょいと微妙か。
最初のあたりのライトな話は良いんだけど、『氷菓』の話は片手間にアニメを見ている人には解りにくそう。(演出的には色々としてはいるんだけど)
『愚者のエンドロール』はもうちょい解りやすそうだけど。


『謎の彼女X』
★★
なんかヒロインだけジブリみたいだね。声の演技が酷いという意味で。
下手というか、アニメでの声の出し方が分かっていない。ああ、それが下手ってことか。
内容は変わった転校生とボーイミーツガールする学園もの。+フェティッシュな性癖とか。
スポンサーサイト

『バトルシップ』

★★★☆

二年後には金曜ロードショーでお茶の間を楽しませること間違いない作品。
なんかこう、インデペンデンスデイ的な。

以下、ネタばれ。





続きを読む

2012春期新アニメ

『聖闘士聖矢Ω』
★★☆
思った以上に聖闘士聖矢だった。
(聖矢とシャイナがオリジナルキャストだったのも影響しているけれど)

キャスト的には主人公に緑川を配したりとなかなか挑戦的。(お金的な意味で)
一方でアテナがしょこたんというのはちょっと厳しいかな。
(浮いてるほどではないにしろ、メインを張るとちょっと力不足を感じる。まして主役がベテランの緑川となれば)


『宇宙兄弟』
★★★
OPEDも中身も日曜七時らしい感じ。
なんとなくファミリー向けな作風になってる気がする。丁寧な作り。
あとムッタは中身がタイガーさんで親和性高すぎ。
相棒も兎だし。(バニーじゃなくてラビットだけど)


『ゆるめいつ』
???
つけたら終わった。
面白いとか面白くないとか、そういうこと言えるレベルじゃない。
これ地上波する意味あんの?


『LUPIN the Third 峰不二子という女』
★★★★
これは、すごいな……。
原作準拠というならシリーズ一のルパンかもしれない。

まずあの独特なタッチの絵がモンパンっぽい。なのに同時に昔のルパンっぽくもあるのが不思議。
クリカンの演技もこなれてるし、沢城&山寺の新キャスト陣も違和感なし。
つか銭形警部がハードボイルドで死ぬほどかっこいい。

原作のルパンとTVシリーズのルパンが奇跡的な融合を果たした名作だった。
難点をいうなら関西ではやってないことかな。
ビデオオンデマンドさまさまである。


『めだかボックス』
★★★
――なんかカミナがいた。

それはさておき。
全体的な色調が明るくて、良くも悪くも深夜アニメっぽくないね。なんか六時のジャンプアニメな雰囲気。
あとめだかの声がちょっと気になる。いや声音は思った以上にぴったりなんだけど、いかんせん力が弱い。
なんかこう、スゴいヤツのはずなのにあまりスゴく感じないっていうか。


『トランスフォーマー プライム』
★★★
うーん、普通に物語としては面白かったけど、フルCGトランスフォーマーに求めてるのはそこじゃないのだ。
ビーストのノリを期待すると良くないかも。
まあキャストからしてさ、千葉繁とか山口勝平みたいに率先して無茶するタイプがいないしな。
でも演出はビーストの監督と同じだし、せめてリミックスがあれば良いんだけど。


『アクセルワールド』
★★★☆
電撃が推している作品だけあってやはり作画もシナリオも良い。
美味しいとこどり掴みはオッケー的な一話ではなく、ちゃんと頭からやってるのにしっかりと盛り上げてくるところも悪くない。
後は戦闘描写がどうなるかに期待。


『黄昏乙女アムネジア』
★★★☆
「そうそう、こういうのでいいんだよ」
やはりバトル物よりこういうラブってコメった方が大沼心には合ってるな。
いつものパステル画面やらゲーム画面もなく、ちゃんと原作の雰囲気に合わしてるのも良いぞ良いぞ。
あとは今後夕子さんをいかに可愛くエロっちく描いてくれるかに期待。


『Fate/Zero(二期)』
★★★★☆
まあ、これは別格だから。
約束された勝利の覇権だから。

というかいきなり未遠川の決闘とか凄まじすぎる。
ヴィマーナの不思議飛行とかドッグファイトとか。

アニメ的に良かったのは雁夜おじさんVS時臣氏のシーン。
この徹底的に意見とか価値観が擦れ違っている感じ。どちらの言い分も間違ってはいないんだけど……てのが声優演技とアニメ演出で上手く伝わってくる。(特に時臣氏の“魔術師”であり“父親”であるところが)
これは雁夜視点の原作だと出せない味わいだわ。


『秘密結社 鷹の爪(二期)』
★★★☆
ビットワールド内って最後かよ!
25分もどうでもいい映像を見せられたよ!
なので☆一個減点。(理不尽)

あ、内容はいつも通り最高でした。


『これゾン? OTD』
★★★
実は一期は一話しか見てなかったんだけど、それはともかくわりと面白かった。

特にホモでイカの稲田徹さんとか、CV井上喜久子とか、アイキャッチゲロとか。


『ファイ・ブレイン(二期)』
★★★
全体的に一期より良くなっている。
ゲームの難度は上がってるけどちゃんと解けるヒントは出てるし。
挑戦型のミステリーみたい。
あと番組終わりにリモコンでパズルが出来るようになったのも良いね。ちゃんとデータ放送を有効活用してる。

番組内容的には女性キャラが増えて良かった。
なにせカイト側って全員男だもんな。
(ヤンキー、ショタ、男の娘というカオス)


『さんかれあ』
★★★★
廃墟の色合いとか光源の位置とか、なんかシャフトっぽいと思ったらやはりシャフトの人だった。
OPの明るさが本編の暗さと対比していい感じ。
女の子のエロ可愛さも今期トップクラス。負け組み属性の幼馴染も可愛かったな。
ただヒロイン声優の演技は少し気になる感じ。
東西アンデッドヒロイン対決は、エロ可愛さはさんかれあ。演技力は夕子さんかな。一話だけで比べてだけど。
関西では10chのマンパとかぶってるのが唯一の欠点。

あ、でもCMの史上初のゾンビラブコメみたいな売り文句は辞めた方がいい。
こうるさいオタクが文句をつけてくるから。
ちなみにゾンビと恋愛する話といえばオーケンのステーシーは外せないぞ。(←こうるさいオタク)


『あっちこっち』
★☆
これはなにが面白いんだ?
いかにもきららっつーか、典型的なキャラとシチュのみの作品。
こういうのって2chの感動話とか携帯小説とかと同じで、『ぐっとくるシチュエーション』集であって物語ではないよな。

アニメ的な所で言うと声優の演技はこなれてるし作画も良好。
原作ファンやキャラ可愛いと思った人は楽しめると思います。はい。


『夏色きせき』
★★★
言うほどに悪くはない。
というか女の子が二人ギスギスするっていう少女漫画みたいな話だったから、単純に受けが悪かったんじゃなかろうか。
(もちろんそういう展開でももっと面白く出来た筈だと言われればそれまでだが。)

キャラ的には黒髪パッツンのアホの娘は、珍しい感じの可愛さ。
つか今期の女の子はこの髪型ばっかか。大好物ですこんちくしょう。


『ZETMAN』
★★★
やや急ぎ足の感はあるけどアニメの一話としてはこれ以上ないぐらい整っている。
どことなくバタ臭い、アメコミっぽさが作品と合ってる。
本格的な戦闘描写がどうなるかに期待。
でもこれ、どこで終わらせるつもりなんだろ?


『クイーンズブレイド』

股間を輝かせながら女が踊ったり、胸を不思議発光させながら女が走ったり、もう画面がギャグなのだが。
あとなんかゲームに入ってるOPアニメーションみたいな絵と塗り。
まあ今期のおっぱい枠。
あるいはコロニーレーザー枠っつーことで。


『ヨルムンガンド』
★★★
うん、やはり血と銃声は心を癒してくれるな。
でもバイオレンス分は原作よりもやや薄め。
キャラデザは原作絵が特徴的なのであんま気にならない。

あんまスタイリッシュに収めて毒にも薬にも……、な感じにはならないで欲しいところ。


『にゃる子さん』
★★★☆
キャラは可愛い。声も良い。
クトゥルフネタを丁寧に画面に仕込んでいたりというのもgood。
素直に良いアニメ。

でもよく考えるとクトゥルフ+特撮って、微妙にニッチだよね。
小中千昭かよ。


『つり球』
★★★
突飛なキャラクターやパステルな色彩はいかにも中村監督っぽい。
一話だけでは判断出来ないというか、どんな話になるのかさっぱり分からない。
本当に釣りアニメとして見て正しいのだろうか?
そこも含めて期待。


『坂道のアポロン』
★★★
まるで映画みたいな絵と内容。
一般向け的な、実にノイタミナっぽい作品。
ジャズで菅野ようこで渡辺信一郎というだけですごい期待。
最終的にアイツらは三角関係になって殺し合いする。


『シャイニングフォース』

アニメの歴史上でも稀なパンアニメ。

ってアンパンマンか。

Tonyっぽい絵の世界名作劇場みたいな作風。
そのうちファンタジーっぽくなるんだろうけど……。

監督「パパきき」「シャイニング」でツーアウト。
だが逸朗よ 伝勇伝を良作に仕上げた功績を余は忘れておらぬ……。

スーパーヒーロー大戦

★★★

お祭りな内容で、ストーリーはまあ相変わらず突っ込みどころが多い。
あくまでファンが観たかったシーンの再現を重視しているといった感じ。
そういう意味ではわりと期待は外していないものかと。

個人的な不満はディケイドがあんまアタックライドを使わなかったこと。
戦隊も変身しても固有技をほとんど使ってないし。
やっぱ後半のCGのために予算を抑えたのかな……。

以下、ネタバレを箇条書き。












続きを読む

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。