スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMV

http://blog.livedoor.jp/strike_w/archives/1640012.html

ネガキャンとかいうわけでなく。
実感として。
使いにくい。




殺意を抱くほどに。
スポンサーサイト

12年、冬期アニメ 3

・Another
★★★
実写と見紛う背景や忠実再現されたのいぢ絵など、作画は今期でもトップクラス。
ホラー+ミステリーということで序盤に大きな盛り上がりはないが、びっくり箱的な驚かせ方をしないところは好ましい。
綾辻行人が原作ということも含めて後半に期待。


・男子高校生の日常
★★★☆
原作とニコ動先行放送で面白いことは分かっていたけど、初っ端のザクにはぶっ飛んだ。
提供のときのハシラ遊びといい、完全に銀魂と同じ感覚で作ってるな、高松監督。
あと相変わらず声優の演技が素晴らしい。アザゼルさんの時といい、ギャグアニメはつくづく声優の演技の重要性感じさせてくれる。


・キルミーベイベー
★☆
いかにもきららっぽいゆるいギャグ漫画。
ギャグってほど笑えるわけではなく、萌えってほどキャラが可愛いわけでもなく、立ち位置が微妙。
深夜にこのノリは正直つらい。


・むかしの吉田くん/テルマエ・ロマエ
★★★☆
いつも通りの蛙男。
テルマエは一応、わりと原作どおりだったりキャストがしっかりしてたりするけど、吉田くんの方は完全に鷹の爪。
ノリとしては吉田くんの方が好きなんだけど、時間が短いからすごく物足りないなぁ。


・アマガミSS+
★★★☆
相変わらずモブすら可愛い高クオリティ学園アニメ。
前作の続きでヒロイン達とは付き合いが始まったあとの話。
だからもう甘々ですよ。ストロベリーですよ。
あと橘さんは全くブレてない。
絢辻さんの冷たい顔にゾクゾクしてる橘さんはほんまもんの変態やでぇ。



■総括
今期は人気作の二期や続編が多く、全体的にハズレがない印象。
またロボットもののラグランジュやアクエリオン、古き良きSFっぽい宇宙海賊など、90年代的なアニメの復権も特徴。
オリジナルものではあの夏(おねがいシリーズといえなくもないけど)など良作が並ぶ一方、ラノベ原作・漫画原作も面白い作品が多く負けていない。
ちなみに今期はPCゲーム原作がないので、これも全体的なクオリティアップの要因となっていると思われる。(個人的にPCゲーム原作のアニメで良いと思える作品はない)

ぶっちゃけ今期は面白いのが多くて見るのが追いつかない。
なにせ今までアニメ空白曜日の水にあの夏が、金に男子高校生が入ってきているのに、他の曜日が全く減ってないのだから。(むしろ増えている!)
特に犬僕とAnotherと深夜映画がかぶってる木曜のキツさは異常。
torneがせめて二番組同時録画出来ってくれたら――。


以下、簡易一覧表。

S
偽物語
A+
A
P4、あの夏、
A-
ギルティクラウン、犬僕、ミルキィ、宇宙海賊、むかしの吉田くん、アマガミSS+
B
アクエリオン、ラスエグ、夏目、銀魂、男子、パパきき、Another、テルマエ・ロマエ
C
ファイブレイン、未来日記、ちはや、バクマン
------------------------------------(定期視聴の壁)------------------------------------
D
キルミー、DD
E
シンフォギア

武侠小説について

こういうエントリーを見たので、ちょっと現在入手できる武侠小説について書いてみる。


■金庸
云わずと知れた武侠小説の大家にして原点。
全巻の文庫化が完了し、入手もしやすくなった。
歴史好きにも、中華好きにも、ラノベ好きにもお勧め。
個人的にはキャラの立ちまくっている『書剣恩仇録』が好き。
初めての人には歴史背景を知らなくても楽しめる『侠客行』がオススメか。
ちなみに射雕英雄伝は漫画化もされている。



■古龍
金庸に次ぐ武侠小説の大家。なのに代表作である多情剣客無情剣がいまなお絶版という不遇の作家。
(出版元が角川だからか? 徳間だったなら間違いなく文庫化されているだろうに)
その他にも絶版が多い。どうやら名義貸しやら代作やらで権利が怪しいかららしい。そのせいで作品の出来も結構差がある。
ちなみに昔エニックスから出た版は翻訳がヒドいらしいので、古本屋にあっても避けたほうが吉かも。
Amazonによると陸小鳳伝奇シリーズとマーベラスツインズが現在も入手可能。
後者のラノベ化っぷりは古龍作品としてはやや浮いて見える。あといま知ったんだけど、第三シリーズは電子書籍のみの販売らしい。なにこの仕打ち?



■柳 残陽
日本ではマイナーな武侠作家。どうやら『如来神掌』の原作者らしい。
本邦では『梟覇』のみ、アートンというマイナー出版社から発売されている。
個人的には主人公が強すぎて(つーかミスもピンチもなさすぎて)イマイチだった。



■古橋秀之
云わずと知れた盤龍七朝ワールドの製作者の一人。
まあDRAGON BUSTERを読んでてケルベロスを読んでない人はいないと思うが。
秋山瑞人ではないにしろ寡作。
Amazonでは電撃文庫で発売した武侠小説『ノウェム』がいまも購入可能。
但し作風が金庸に寄りすぎたため古橋分は低め。本人もそれを認めていて、マズッたとかなんとか、そんなことをどこかの雑誌で言っていたと思う。つまり続刊に関しては絶望的。
リファインして一般書籍で出してみたらどうだろうか。徳間文庫とか。



■嬉野秋彦
徳間文庫で武侠三風剣というガッチガチの武侠小説を書いている。
一冊完結の良作で、今後もこのレベルの武侠小説が日本人の手で書かれることを切に望む。



■藤野恵美
トクマ・ノベルスより紫鳳伝というシリーズが出ている。
つかまた徳間か。徳間はほんと武侠小説が好きだな!
ちなみにⅡがいつのまにか出てたようだけど、買ってなかったうえに既に絶版。
個人的な覚書として記載しておく。
発売が2008年なので店頭在庫とかならあるのか?




自分の知る限りはこんな感じ。
この他『十三妹』とか『騎豹女侠』(『黒竜潭異聞』収録)とかいったものもあるけど、ガッチガチの武侠もの――必殺技とか軽功とか、そういう感じのやつ――ではないので本稿では除外している。


テッカイオーは未読。
今度買って読みます。

12年、冬期アニメ 2

・犬僕
★★★★
黒髪姫カットのヒロインが、フェティッシュな色気を振りまく素敵アニメ。
露骨におっぱいなど出さないところに日本的侘びを感じさせる。(美しく言いすぎ)
女性向けかと思ったら、どっちにもアピール出来る内容だった。
上手いバランス。


・パパいう
★★★☆
色んな意味で多くの人がお世話になっているであろうなかじまゆか絵がしっかり再現していて、なにもしていなくてもエロい雰囲気をかもし出している。
犬僕と違って、こう肉感的なエロさが。
主人公の魅力が欠けるので星半分ほど落ちるかなと。

・ハイスクールDD

今期のおっぱいアニメ。しかし作画の方が一話の時点で力尽きているのでそっち方面での期待は出来ない。
主人公の台詞はいちいち説明臭くて、なんともこっぱずかしい。
絵も話も(悪い意味で)90年代っぽい。


・夏目友人帳
★★★★
人気作の四期。
相変わらず安心して見れる良作。
こっちで妖怪、あっちで怪異と、神谷兄は忙しい人である。
「夏目さん、あなたにいま必要なのは家族に秘密をする勇気です」


・あの夏でまってる
★★★★☆
路線はおねティ。
キャラの作画と可愛さは今期トップ。
さらに長井監督+夏+自主制作映画と青春ガジェットてんこ盛り。
安牌の偽物語を除けば今期のトップクラス。

12年、冬期アニメ 1

・偽物語
★★★★★
約束された覇権のアニメ。
阿良々木くんは後期タイプ(TVシリーズ終了後。なでこスネイク修正後デザイン)なのでイケメン。
さすがの安心クオリティだが、シャフトなのでどこで息が切れるかは不明。10話あたりがデッドラインか。
しかしBパート、物語的にはラスト三分で終わる話を、残り全部セクハラで埋めてたな……。

・ミルキィホームズ 第二幕
★★★★
こちらも続編なので安心の内容。(つまり相変わらず頭がおかしい)
前作が思いもよらず人気だったせいか、今回は最初っから作画は良好。相当可愛くなっている。

・モーレツ宇宙海賊
★★★☆
宇宙突入描写などSF的な部分はワクワクするけど、一話はほとんど学園もの。
恐らく当分はメンバー集めの話になると思われる。(ナデシコの一話が長い感じ?)
キャラは可愛いが萌えはない。やはりメインは宇宙に出てからの描写だろう。

・アクエリオンEVOL
★★★
敵といい機体といい、ややマクロスに近づいた感がある。
前作ほどバカっぽくはないがヒロインは可愛い。
前作の設定を上手く加味しているところは素直に面白いと思う。
一番驚いたのは特番に髭男爵がいたこと。(しかも普通に面白かった)

・シンフォギア

なんかキャラといい作画といい、日曜朝の十時頃にやってそうなアニメ。
しかも歌テーマで敵がノイズじゃ、スイプリと設定どっかぶりじゃん。
これは、ちょっと、うん、ない。
ここまでヒドいとMUSASHI的な楽しみが出来るので星一つ。

・ラグランジュ
★★★☆
ロボット+美少女の王道ながら、ちゃんと両方の描写に力が入っている。
日産協力という企画性が推されているけれど、作品としても良質の出来。
特にロボットバトルがわりとガチだったのが良かった。
……というか、なんだ、今期はロボットもの(というかSF?)が多め。
一時期はサンライズ以外、皆無だったのに。

・ちはやふる
★★☆
関西では一クール遅れで放送。
アマガミのほぼ二週遅れをはるかに超える放送スケジュールであるが、まあ関西では放送されるだけマシと考えておこう。
(孤独のグルメとか放送すらされてねえし)
内容は男子でも読める少女漫画的な。君に届け枠。
一話だし、普通。

読書感想

■アバタールチューナー(全5巻)
★★★★★
 ネット上の戦闘AI達が現実世界へと生まれ、滅びに瀕した世界を救うまでを描いた壮大なSF。

 仮想現実内での戦闘シーンが続く前半(1、2巻)は、やや単調というか普通な感じだが、SF色の強くなる中盤(3巻)以降は、崩壊した世界、戦闘AI達が生まれた理由、世界の再生などすごく読ませる展開になっている。
 崩壊後の世界を描いた作品は多いけど、救われた後の世界をきっちり描いているのは珍しい気がする。
 そこも含めて“壮大な話”というのを久しぶりに読んだ気がする。
 『火の鳥』でも読んだような快感と読後感。大傑作。


■World War Z
★★★★☆
 ゾンビパニックによるポストアポカリプスもの。ただし、普通は発生時の混乱を描くところを、その終結後に当事者へのインタビューという形で混乱を描いているのが、ゾンビ物でありながら全く新しい味わいになっている。

 あとモンスターとして脆弱なゾンビの恐怖を合理的に(さっきまで確かに生きていた人間を殺すという忌避感として)描写している点もグッド。


■恥知らずのパープルヘイズ
★★★
 上遠野浩平によるJOJOのノベライズ。主役は第五部のフーゴで、本編終了後の話になっている。

 内容はブギーポップというよりディシプリンな感じ。さすが元々影響を受けただけあって筆致の相性はばっちりで、細かいところで旧作との絡みがあって楽しい作品になっている。
 ただディシプリンシリーズと同様、バトルに傾倒しすぎで、意外性というか物語性に物足りなさを感じる。


■OVER HEAVEN
★★
 有名作家によるJOJOノベライズの第二弾(乙一を含めると第三弾)。作者は西尾維新で、内容はDIOが“天国にいたる方法”を思いつくまでを、手記調で書くというもの。

 DIOの回顧録となっているため、第三部最終戦以前のエピソードを思い返す場面が多く、オリジナリティは低め。話の展開もやや一本調子。
 文体がジョジョっぽさより西尾維新っぽいが、これは良いのか悪いのか。


■小指の先の天使
★★★
 ヴァーチャル空間での生についての連作集。といってもそれぞれ独立した話になっている。
 頭の『抱いて熱く』以外はやや観念的な内容。戦闘妖精雪風なんかでみられる作風。
 『猫の棲む処』はSFにかこつけた素晴らしい猫小説。猫好きほど頷ける、楽しめる内容。


■葵(一巻~)
★★★☆
 イケメン幽霊にとり憑かれた不良男が、源氏物語を下敷きに女性関係の心残りを解決していく話。

 既刊の三巻まで読了。これって源氏物語のストーリーとは別に、女嫌いの主人公が色んな女性や恋を経験していく話でもあるんだな。女性への意識の芽生え、初恋と失恋、父性愛――という感じで。
 そこにサスペンスを絡めていくのが野村美月らしい作風。
 あと前作で報われなかったツンデレ系ヒロインは、こっちでは報われそう。


■妖赤の罠
★★★
 深夜特撮『牙狼』のノベライズの第二弾。ただしTVシリーズというより、前作小説の『暗黒騎士外伝』の続編として読むのが正しい。
 今作で登場する謎の魔戒騎士ヤイバが実質的な主人公。もちろん話の中心は鋼牙であり、零や弾も登場する。
 『暗黒騎士外伝』を楽しめた人は必読。

宇宙

●月のメガソーラー構想


まずルナリングって発想が完全にSF。
ダイソンスフィアっつーか、リングワールド?

月の送電システムは言うまでもなくガンダムXだけど。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。