スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーゼ&オーズ MOVIE大戦メガマックス


すっごい面白かった。

前回のMOVIE大戦(オーズ&W)は残念な出来だったけど今回は違ったな。
そもそも両作品とも脚本がTVシリーズ本人だから、キャラとストーリーが全くブレてない。

あと特筆すべきはアクションのスゴさ。
吹っ飛ばされる動きも切れてたし、ワイヤーも使ってたし、普通にアクション映画として通用するレベルなんじゃないの?
そして主題歌とともに戦うあの無双シーンは胸熱必死。

ちょっと残念なところをあげると、大気圏バトルのときのCGがちょっとショボめだったことか。
さすがに牙狼レベルを求めるのは酷かも知れんのだが。

あと昭和ライダーはあまり存在意義を感じなかった。
冒頭にちょっと出てくるぐらいならともかく、戦ったりまではしなくて良かったんじゃない?
いや、俺が昭和ライダーに愛着がないせいかもしれないけれど。


以下、個々のシナリオについて。

・オーズ
エイジのアクションかなり良かった。これはアクション監督によるものでもあるのかも。
アンクはホントいいキャラだなぁってつくづく思わされる。距離は縮まってるけど、性格はブレないんだよなぁ。
あと新ライダーの露出もちょうどいい感じ。この按配はさすが靖にゃんだわ。

・フォーゼ
仮面ライダーでラブロマンスの意外性。
あの「3、2、1――」のシーンといい、フォーゼだからこそ成り立つ、フォーゼでしか成り立たない作風だよなぁ。

・W
カッコイイって改めて感じた。
いやホント、フィリップと翔太郎のキャラクターも、仮面ライダーとしての要素もすごく完成度が高い。
うん、元の完成度がすごく高いんだよな。

とにかくW、OOO、フォーゼ(特にOOO)を観てた人は絶対に劇場に行ったほうが良い。
ホント良い作品です。


そういやW、OOO、フォーゼの脚本って、三条陸、小林靖子、中島かずきで異質なメンバーなんだよな。
唯一ライダー脚本の経験がある靖にゃんにしても、龍騎と電王という放送前に物議を醸すタイプの脚本家だし。(勿論、蓋を開ければそんな物議なんて跡形もなく消滅するのだが)
W以降は確かに新生ライダーシリーズって感じ。こういった革新性、先進性がライダーシリーズの素晴らしさなんだよ。
スポンサーサイト

ハチ

●「忍者蜂vs侍蜂か」ニホンミツバチvsオオスズメバチを見た海外の反応

蜂球の存在は聞いていたけど、実際に見るとすごいな。
つーか音楽格好良すぎ。


それとコメント見てて知ったんだけどこの蜂球ってニホンミツバチ(トウヨウミツバチ)だけなのな。
セイヨウミツバチもスクラム組んで窒息させたりはするようだけど、相手によっては全然みたいだし。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%84%E3%83%90%E3%83%81


ところで最後の僧侶はなんなの?
なんかカンフー映画の冒頭みたいになってんだけど。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。