スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版マルドゥック・スクランブル 圧縮

劇場版マルドゥック・スクランブル 圧縮
(☆☆☆(原作ファンなら+★))


 いや、人が多かった。
 幾ら土曜のシネリーブル梅田とはいえ、こんなにも多いとは。梅田ブルク7のGAROの倍以上入ってた。


 以下ネタバレ感想

続きを読む

スポンサーサイト

恋チョコの売り方

 実は『恋と選挙とチョコレート』は売り方がうまい。

 パッケージ裏を見ると分かるけど、エロゲなのにエロシーンが一つもない。
 基本的にこういうことをする――というか出来る作品って限られてる。例えばFateみたいに他の部分で人気があるとか。(オルタもそうだったかな?)
 まあ、普通の学園もの――しかも処女作ではあり得ない話だと思う。

 でもこれが、実は売り方としては正しいのだ。


 多分、いまのエロゲ購入層は昔とは違っていると思う。
 TYPE-MOONやNitro+のようにエロ以外で売れる作品やアニメ化作品などによって、

 現在のエロゲはオタク趣味の大きな枠組みの一つに入っている。
 つまりどういうことかっていうと、ライトな層が増えてるってこと。(最近は中学生現役モデルの妹がプレイしているぐらいですから)

 エロが目的ではなく、普通のギャルゲぐらいの感覚でプレイしている層にとって、エロシーンは生々しくてむしろ引く要素ですらある。(実際はあったらあったで嬉しいとは思ってる。口にはださないけど)(そもそもエロゲショップに置いてるんだからエロゲでない筈がないわけで)
 だから直球エロ路線でないなら、むしろ一般ギャルゲのように売り出す方が方法論としては正しいのだと思う。

 アニメで例えるならけいおん!みたいなもの。
 露骨なエロがなくても、視聴者が勝手に想像力を逞しくするような。



 そういや昔、みんながみんなFateの購入報告してるのをみて「自分のオカズをネットで声高に言うなんて変態じゃねえの?」みたいな論調をみかけたけど、実に的を外してるな。
 この言葉の悪辣なところは、「エロが目的じゃない」という反論に対して「エロゲを買っておきながら(笑)」というディスコミュニケーション性にある。
 決して攻撃の届かないところから言いくるめる気でいるところが実にゲスい。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。