FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『流浪のグルメ 東北メシ』

久住作品とのコラボ以降、作品名が~のグルメばかりなのは、どれがコラボかわからなくなっててちょっと困る。
まあドラマ版孤独のグルメのヒットもあるし、出版社側としては売りやすいってのはあるのだろうけど。

対象を東北に絞ったのは、やはり震災に対する思いがあるからだろうか。
あの震災に対して影響を受けない創作者というのはいないのだろう。

物語の主人公はまさかの『喰いしん坊』からのスピンオフ――ハンター錠二。
まだフードファイターになっていないトラックドライバーの頃の話である。
『喰いしん坊』は土山作品を読むきっかけになった思い出の作品なので個人的にも嬉しい。
……って、震災後の東北が舞台で錠二の過去話ってことは『喰いしん坊』は近未来の話ってことになるのでは?
まぁフードファイトが競技化された未来の話と言えないこともないか。
(同様の観点で俺はラブライブも咲も近未来の話だと解釈してる)

ストーリーは連作もので短めの話が数話続き、ラストに次のエピソードのプロローグが入るという形式。
俺の言う通りにしろと美味いものを食わせてくる錠二のキャラは、食キングの土方に通じるものがあって、今までのファンには懐かしくも嬉しい作風。
一つ一つは短いながらも美味そうな飯の描写は流石。むしろ画力が上がっている。
久住コラボ作品のシミジミとしたものとは違う、飯をかっこむ描写も実に“らしい”。
美味い飯といったら土山しげるだ。
スポンサーサイト

『千早さんはそのままでいい』

ダイエットしたいけど食べるの大好きぽっちゃり系女子と、そのままで良いのにと思ってる幼馴染との、ドストレートなラブコメ。

ぽっちゃりというほどぽっちゃりでもない。
貧乳属性と同じで、それを気にしているというコンプレックスが萌えポイントであり、実際にそうである必要性は薄いのだ。
なお可愛いぽっちゃりは二次元にのみ許される。“ギャルはファンタジー”ならぬ“ぽっちゃり女子はファンタジー”。

物語はダイエットをネタに幼馴染とイチャラブするのがメイン。
(といっても百合ではない。作者が作者なのと、幼馴染が女顔なのとでまるっと一話気づかなかったが)
仲の良い友達感覚の距離感でベタベタするのもニヤニヤするし、異性であることを意識して赤面するもの可愛い。
ただ飯食うシーンをエロく描写する安易な手法は残念。早く廃れてほしいなこの風潮。
飯は美味そうに喰った方が可愛いしカッコイイと思う。(土山しげる漫画を見よ)

ランス10 2週目

ボーナスは+☆5

・1ターン目
ヘルマンで魔人退治。
前回の反省を生かし、無事メリムを入手。
それにしてもロレックスが強い。

・2ターン目
魔王探索。
楽勝。

・3ターン目
自由都市で魔人退治。
レイが仲間に。まあ鬼畜王でも仲間になってもおかしくないキャラだったしな。

・4ターン目
クルックー同行。
メリムルート、レアだがさほど特殊なアイテムでもなし。
宝物庫はオーロラ。
そういやらオーロラが分岐になるルートがあったな。どこだっけ?

・5ターン目
ヘルマンで魔人退治2。
ケッセルリンクが良い奴すぎてちょっとツラい。
ランスが荒れるイベントは、誰かが死んだりヤられたりするより鬱イベントだと思う。
道中ウェンリーナが入る。汎用イベントっぽい感じなので、攻略場所ではなく他の条件がありそう。

・6ターン目
拠点フェイズでウェンリーナとヤって卵入手。
ゼスで魔人退治。
ホルスの女王、謙信、キバ子が大食い。しかし大食い勝負には勝てず。
平原での戦いでガルティアを撃破するも、とてもじゃないがメドゥーサと連戦出来る筈もなく、通常ルートでクリア。

・7ターン目
拠点フェイズで卵からキバオーが生まれる。
ターン経過が長いほど強いのが生まれる? 次のプレイでは試してみよう。
シャングリラ攻略。
二回目なので色々ルートを変えてみる。楽勝。

・8ターン目
ランス城防衛線。
通常ルートでレッドアイ撃破。

・9ターン目
闘神の遺跡調査。
ほぼ一本道。労せずしてクリア。

・10ターン目
ポピンズ協力ルート。
震源モンスター撃破。天界の壁破壊。
壁破壊はギリ。誰かが連撃が発生していなかったら手数が足りなかった。

・11ターン目
リーザス魔人退治。
ハウゼルルート。

・12ターン目
ゼスが滅ぶ
船ルートから魔物界に突入。
シャングリラでワンニャンを選んだせいで大苦戦。
モドカタでジッポーを使ってしまったので、そこまでやり直す。
なお苦戦。
とにかく初手のヒーリングを手裏剣で阻止、大技を手裏剣で阻止、頼れるのは香ちゃんの毒とランスアタックのみ。
ギリギリの勝利。

ランス10 1週目

・1ターン目
リーザスで魔人退治。
ホーネット派は仲間になるだろうと思って。
通常ルートでシルキィを撃退。仲間に。
Hシーンが格別エロい。
リックを入手。すごい強い。

・2ターン目
魔王探索。
まあ必須イベントだろうしね。
ボス戦でうっかり側面雷撃して、健太郎君がマジギレしたりもしたけれど、さほど苦もなくクリア。
ドエススキーの暗殺便利。

・3ターン目
ゼスで魔人退治。
カミーラが解放されるとバッド直行では?と思って。
通常ルートでガルティア撃退。
ガルティア、相変わらず良い男だ。ルートによってはメッチャ仲間になりそう。
パパイア入手。香ちゃんの毒100%とパパイアの毒強化コンボが強い。

・4ターン目
冒頭、ツェール姉妹がバボラに踏み殺される。
クルックー同行ルート。
メリムがいるとレアアイテム入手のようだったが。
宝物庫はアムルート選択。
あまり重要そうなイベントではないっぽい?

・5ターン目
ヘルマンの魔人退治。
メリムはもう・・・の選択肢がつらい。
謙信ルートからのバボラ撃退。
謙信も巨大かなみも、強力だけどスキルコストが高くて使いにくい。
この頃には攻略キャラがほぼ固定化されてしまっているし。

・6ターン目
冒頭、セキガハライベントで自由都市壊滅。
拠点フェイズでコパンドンが入ったばっかなのに。
その後の救出イベントといい、さらっと鬱っぽいイベントがあるの、TADAさんのゲームだなぁって感じ。
シャングリラ攻略。

・7ターン目
ホーネット救出。
が、メッチャ難しい。
途中のアロエ戦は時間切れだと後でデメリットがあるかと思い苦労して倒す。
(シーラの反再生、ゴルドバの防御、香姫の毒、パパイアの毒強化)
が、城内での戦闘が7ターン以内という条件が厳しすぎてクリア断念。
(初戦は暗殺で1ターンだが、残りの戦闘がどうしても1戦3ターンはかかる。敵は残り3戦のため計算上攻略不可)
代わりにリーザス魔人退治2。
最後の戦いは制限時間内にジュノー・アトランタを撃退。

・8ターン目
冒頭パットン。自由都市が落ちたためかフラグが立たず。
CITY攻撃イベント後撤退。
ビスケット救出。
レッドアイを撃破。

・9ターン目
冒頭でゴルドバ死亡。
ゼス陥落。
JAPANに雪隠詰めで身動き取れず。

・10ターン目
人類死亡率が30%を超える。
テオマンがシルキィを殺害。
黒部との交渉。
一回目は道中でハニージッポを使ってしまったため攻略不可。
再挑戦、黒部との戦闘でなんとか生き残る。倒すのは無理。
(サチコの物理レジスト。透林の弱体攻撃でなんとか)

・11ターン目
天満橋の戦い。
どうやってもケイブリスに勝てないため撤退。

・12ターン目
魔王の力を封じるためコールドスリープエンド。

仮面ライダーアマゾンズ 最後の審判

★★

徹頭徹尾、シナリオが悪い。
シーズン2においてアマゾンズが大規模なテロを行い、人類vsアマゾンズという巨大な戦いを描いていたのに、完結篇である映画では謎の村に迷い込むという極めて小規模な物語になってる。
アマゾン牧場という発想もTVシリーズの前後編の一話であるならともかく、映画スケールではない。

そのスケールの小ささ故、シナリオも間延びした印象を受ける。
(例えば地下に鎖に繋がれた男がいて、誰が見たって鷹山仁だってのは分かるのに、なかなか正体を現さなかったり)

物語の締めくくりとして、お互いに一線を超えたハルカと仁が戦って決着をつけるわけだけど、ここに至るまでも非常に弱い。
仁が孤児院から逃げたアマゾンを殺してないのに満足そうに死ぬのも不自然。

つまりあそこはこうなるべき↓



ハルカ、仁に追いつく。血塗れの仁。足元にはシグマと子供たちの死体。
「よう。遅かったな」
背中を向けたままの仁。
「仁さん、人を殺したんですね……!」
「あいつは人を食ってた。アマゾンの臭いがプンプンしてたよ」
「でも人間だ!」
ハルカの視線にも口調にも批難の色。
「あなたは人間を守るため戦うと言った。でもそんなのは嘘だ。あなたは、ただ戦う理由を探していただけだ。自分が、アマゾンを作ってしまったから。自分の罪に向き合う理由が必要だっただけだ」
「お前はどうなんだよ、ハルカ」
振り向く仁。血に濡れた口元。
ハルカ、視線を死体に向ける。損壊した死体。
驚いた視線を仁に向ける。体力回復のために食べたらしい。
それに気づいたように。
「言っただろ。俺は自分で殺した動物しか食べない。お前はどうだ? 食べたんだろ。臭いがプンプンしてるぞ」
「僕は……」
ハルカ。やや躊躇い。
気にした風もない仁。
「お前と俺は、ホント似てるよ。人を守るとか、アマゾンを倒すとか。そんな風にしなくちゃ、自分が生きていくことを許せないんだ」
笑う仁。
「罪深い自分を許せない。だから誰かから生きててもいいんだって言われたくて、戦って、足掻いて、もがいて……」
仁、コートを翻す。ベルトが輝く。
「それでお互い、こんなところまで来ちまった」
ハルカもベルトを見せる。
「僕は命を守る。人も、アマゾンも」
「俺はアマゾンを殺す」
DIE SET DOWN開始。



エンディングは生き延びた仁を助けた少年と、脱走した病気アマゾンが合流して孤児院を再開してエンド。
(あの病気の脱走アマゾンは生きてる設定。というか、本編におけるあいつらの存在意義が、シナリオ上まったく見当たらないのがヒドい)


しかし何故、あれほど面白かったアマゾンズの映画がこんなにも駄作なのか。
理由は簡単、脚本家が違うからだ。(エグゼイドの人)
ライダーの映画ではままあることとはいえ、最近はメイン作家が映画版も担当する場合も多かったから油断していた……。
プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。