2017 春アニメ

・レクリエイターズ
★★★★
ufotableであおきえい監督で広江礼威原案となれば、そりゃまあ面白くない筈がない。実際面白い。
創作物が戦うというFate的なバトルに加え、創作した側のエピソードもあり、多層的で非常に楽しい。
軍服の正体がキーになるようだけど、十中八九主人公の創作したキャラなんじゃなかろうか。かつて創作して、しかしエンディングまで描かなかった話とか。
こういう予想は裏切って欲しいところだが。


・有頂天家族
★★★★
前作も非常に素晴らしい出来だったけど、今回も相変わらず素晴らしい。
丁々発止の掛け合いに、アクの強いキャラクター達。つくづく久米田先生のキャラクターが実にあってるなぁ。


・エロ漫画せんせい
★★★★
俺妹と違って妹が可愛いという、それだけで隙なしって感じだ。
話のテンポやキャラクター、どれをとっても非常にグッド。あとOPとEDも素晴らしいね。
絵コンテはどちらも武内良平監督。初監督作品らしいが、素晴らしい手腕だ。
その名前、刻んだ。


・正解するカド
★★★★
シンゴジラのような密室劇のような一話に、異星人との交渉を軸にした二話。
ダイナミックな動きなしなのにこれがまた面白い。
キャラはCGだけど、眼鏡博士は可愛いし、良い感じ。
先が楽しみな作品。


・ツインエンジェルBREAK
★★
キャラは良いと思う。作画も悪くない。
一方で戦闘はイマイチ。作画もよろしくない。
ある意味なにがウリか分かってるとも言えるが、じゃあもう戦闘シーンはなくて良いんじゃね?とも思う。


・ゼロからはじめる魔法の書
★★☆
なんというか、普通。
呪いを受けた主人公とか、凄腕の魔女とか、騒がしいガキとか、非常に古典的なファンタジー。
話の流れも良くある感じで、王道というよりはテンプレという雰囲気。正直退屈。
良かった探しをするならOPナレーションが運昇さんなので、「人は自分の運命すら自由には出来ない」とか言って蝕が起こるんじゃないかと不安になることと、EDの映像が素朴で良い感じなことぐらいか。


・アトムザビギニング
★★★
これって原作と結構話違ってない?
全く違和感なくて気付かないんだけど。
メインキャラの声優が驚くほどピッタリで、非常に良質なアニメ化。


・ベルセルク
★★★
一期より良くなってるように感じる。
どこがと言われると難しいが。
素朴なファンタジーの雰囲気がCGと合っているのかもしれん。


・sin 七つの大罪
★★★
エロい。毎話あの手この手でエロい。
惜しむらくは一話だけがエロくない。


・恋愛暴君
★★★
意外と悪くなかった。
コメディ寄りのラブコメ。


・ラブ米

ラブライブのパロでコメの擬人化で女性向け。
ちょっと盛りすぎでは?


・フレームアームズガール
★★
喋るプラモと同居生活って、前にもこんなアニメあったね。
女の子は可愛いけど、それ以上ではない。というか、この物語形式だと家の中だけで話が完結してしまって、キャラ同士の関係が描きにくいのが難点で、いままでもそれで失敗してたんだけどだなぁ。
あとコトブキヤ推しがすごかった。


・グランブルーファンタジー
★★★
いまのところは先行放送と同じなのでコメントなし。
しかしアウギュステはどうするんだろう……。


・ひなこのーと
★★★
OP/EDともにダンスで可愛くて楽しい。
内容は日常ものなので可もなく不可もなし。あえてコメントするなら文学少女がこなたっぽい。


・サクラクエスト
★★☆
タイトルからは想像できないけど、PAお得意のお仕事がんばる系アニメ。
相変わらずキャラの可愛さと映像の綺麗さは流石。
しかしここからどう面白くしていくのか、想像つかないなぁ。
下手を打ってお寒い展開にならなければ良いんだけど。


・勇者ああああ
★★★☆
ゲームを知らなくても楽しめるバラエティという説明がまさにその通りで、波動拳失敗すると電流流されるとか、最高に爆笑した。
取り立ててあのゲームが好きとか言わないところが、逆に普通にゲーム好きな人な感じがしてグッド。
ゲームを主軸としながらも、笑えるバラエティになってる。意外なダークホース。


・孤独のグルメ
★★★☆
また東西で時差が発生したので-☆。
Season4だけが時差なかったんだよな、確か。Season1に至っては関西で放送しなかったし。
折角の大阪舞台だったとに、一緒に盛り上がれなかったのが残念。


・つぐもも
★★★
バトルがわりと動いてて爽快。
ロリババァ演技もグッド。
非常に優秀。


・武装少女マキャベリズム
★★★
これまたキャラが可愛くて、バトルがちゃんとしてて、優秀な作品。
スポンサーサイト

水谷優子

90年代に思春期を迎えた世代にとっては、決して忘れられない女性声優だろう。
『天地無用!』や『爆れつハンター』など、テレ東系列の6時アニメで、その声を聞かないことはなかった。
世間的には『ちびまる子ちゃん』のお姉ちゃん役が有名なようで、この世代の声優としては珍しく、今回の訃報はTVで度々報道されていた。

死ぬ間際まで仕事をしていたといニュースで取り上げられていたが、実際一年ほど前の『スパロボOGラジオうますぎWave』で元気な様子を聞いていただけに、突然の死去の報道は非常にショックである。

マグニフィセント・セブン

★★★★

1.悪い奴が非道を行う
2.凄腕を雇う
3.二手に分かれて凄腕を集める
4.7人の選りすぐりの凄腕が街を解放する
5.街の人と協力して罠を仕掛け、敵の本隊と対決する

いかにこのプロットが強固か、つくづく実感した。中だるみする箇所がない、ずっとテンションぶん上がりなんだから。
荒野の七人が生まれたのも分かるよ。だってこのプロット見たら、色んなジャンルで試したくなるって。
本作も問答無用に面白かった。主人公が黒人だったり、メンバーにインディアンやメキシコ人がいたりは今風な感じ。でもこういう集団は無国籍な感じの方が“寄せ集めの凄腕”感があってずっと良い。
悪役も良かったなぁ。黒コートでゆっくりと教会を歩くところとか、もうメッチャクチャ様になってる。
味方で一番好きなのはもちろん死の天使。臆病者のロートルがラストバトルで活躍するのって、分かってても燃える!

NieR:Automata


★★★★

『ゴシックな服装の女性と少年が、砂や植物に覆われた廃墟を、ラストダンジョンみたいな荘厳な音楽とともに歩き、いずれ訪れる破局へと進む悲劇的な物語』
上記の言葉のどこか一つでも惹かれるところがあった人にはオススメ。

これぞJRPGって感じで、ドラクエやFFやワイルドアームズやテイルズやその他無数のRPGで育った身としては実に馴染む! 馴染むぞォ!

重厚なメインストーリーに、豊富なサブクエスト、強くなるのが楽しいチップシステム。
アクションやシューティングの要素が強いけど、基本は非常に古典的なRPG。
実際、戦闘はLvが物を言う世界で、裏ボスだってLvを上げれば瞬殺出来てしまう。

難点を上げれば随所に挟まれるシューティング要素がちょっとテンポ悪いかも。

ちなみに前作ニーアとは繋がりはあるものの、知らなくても全然問題ない。

2017 冬アニメ


・スクールガールズストライカー
★★☆
原作は知らないけど、アニメを見る限り取り立てて特徴のない学園系戦闘美少女アニメ。
可もなく不可もなし。


・あいまいみぃ
★★☆
先輩の声が変わってた(当たり前)
良くも悪くも安定している


・この素晴らしい世界に祝福を2
★★★★
冒頭から言ってることと映像の差がすげえwww
ノリといいテンポといい、一期から変わらず面白い。
あと短編OVAみたいなオープニングがグッド。


・カオスチャイルド
★★★
SP番組がカオスヘッドの総集編だった。
ニュージェネ事件とリンクして事件が起こってるからなんだろうけど、これどこまでカオスヘッドと絡んだ話なんだろ。
SP番組だとすっごい半端なところまでしか描かれてなかったし。
カオスヘッド、積んでるんだよなぁ……。


・アキバトリップ
★★★
意外なほどしっかりしたアクション。
ただ関西民なので相当作りこまれてるであろう背景のアキバがまるで分らないのが厳しい。
ストレスのないストーリーラインで、軽い気持ちで見れる。


・ACCA
★★★
オノナツメ作品に合うお洒落なOPがグッド。
作画も良好。ストーリーがやや早足にも感じるけど、話の区切りがなかなかつかないからだろうなぁ。
良い声の声優が多いのはいいけど、若い人ばっかりなのがちょっと惜しい。土師さんとか山路さんとか柴田さんとか清川さんとか。


・うらら迷路帖
★★★
この毒にも薬にもならなそうな、ただただ可愛い女の子が出てくるだけの萌えアニメ。
良いじゃないか。こういう小休止というか、心安らぐアニメが一クールに一本ぐらいあると、ついでに他のアニメも見ようってなるし。


・鎌倉女子自転車部
★★☆
ろんぐらいだぁすに続いてのチャリもの。
主人公がそもそもチャリに乗れないところから始まってて、展開はちょっと遅めというか。
なんというか、なにもない一話だった。


・亜人ちゃんは語りたい
★★★
オリジナルシーンが原作シーンとマッチしててグッド。
基本会話劇なので、ちょっとテンポ遅く感じてしまうところもあったけど、概ね原作通りで面白かった。


・ガヴリールドロップアウト
★★☆
俗世に染まってすっかりダメになった天使とか、人の良い悪魔とか、分かりやすいストーリーライン。
萌え寄りの日常もの。今クールは萌え日常系多いな。
これまた可もなく不可もない感じ。


・幼女戦記
★★★★
空戦の動きといい、作画といい非常に良い。
悠木さんの幼女演技も素晴らしいし、脇のベテラン勢もすごい渋い声優揃いで久しぶりに耳に心地よいアニメ。
話のテンポも良いし、こりゃ今期トップクラスだ。
唯一の欠点はタイトルかな。響きだけで敬遠しそうになる。


・リトルウィッチアカデミア
★★★☆
短編アニメーション→映画化→アニメ化とかなり異色な経歴。
とはいえプレアデスみたいにまるっと一話使い回しみたいなことはなく、全く新しい一話として非常に安定した出来だった。


・ハンドシェイカー
★★☆
関西人的にすごい見たことのある風景のOP。
相変わらずキラキラした絵のGoHands。
超能力バトルものなんだろうけど、一話ではストーリーラインが見えなかったなぁ。
とりあえずヤタちゃんが女あえがせてるのと、委員長のおっぱいがでかいことだけは印象に残った。


・小林さんちのメイドラゴン
★★☆
京アニなので映像とキャラデザは良い。しかしまぁ、それだけって感じで中身がない。
キャラデザが良ければ萌えるわけではない。萌えとはシチュエーション――つまり性格や仕草、感情といったものの発露のことであり、つまり主人公に対して「好き好き大好きーー!」と好意を表したり、一人で転んで頭から水かぶって「ふえーん」と泣いたり、そういう生きた姿に萌えるのであってキャラデザが可愛ければ良いというものではない。
さりとてギャグやほっこりがあるわけでもない。有り体に言って面白くない。
というか俺、この作者の作風がイマイチ受けないんだよな。嫁の奴もなんかこう、白ける感じで。


・グランブルーファンタジー
★★★
お金がある会社だから――などと下種な勘繰りをするぐらいには、美麗な背景とキャラデザで、原作の雰囲気をよく再現している。音楽もゲームからものでファンサービスが厚い。
シナリオは主人公と故郷の関係性を描くためにオリジナルの幼馴染キャラを入れたものの、あまり成功しているとは言い難かった。こういう単なる関係性を表現するためだけの使い捨てキャラこそ、徹底的に魅力的に描くべきだと思うんだよ。もうめっちゃくちゃ好青年でホモホモしいぐらいのほうが良かったと思う。
全体的に見て悪くなかった。
しかし以降の話はどうするのだろうな。メインキャラだけで話を進めるのはちょっとさびしいし。
あとオイゲンの声優がどうなるのかとか。

プロフィール

左

Author:左
hideとマリリンマンソンとベクシンスキーと京極夏彦と金庸と今川泰宏と冲方丁と八房龍之介と高寺成紀と牙狼とガングレイヴ(アニメ)とマクロス7を神と崇めるサイト。(多神教)

bogiehouseアットmail.goo.ne.jp

< このHP(ブログ)はライアーソフト「 黄雷のガクトゥーン」のサポーターサイトです >

















































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード